2008年12月04日

さだまさし35周年記念コンサート

さだまさし35周年記念コンサート(於NHKホール)に母親の付き添いとして
行ってきました。

と、いかにも「自分はさだまさしなんか興味ないんだもんね」みたいな書き方
をしてみましたが、嘘です。今回は半分以上私の興味です(笑)
子供の頃、身内の影響でさだまさしを聞き始め、中学を卒業する頃には離れて
しまいましたが、今でも当時の弾き語り全曲集は家に残っていますし、ギター
で最初に弾き語りをした曲もさだまさしでした。

3ヶ月ほど前、たまたまテレビでさだまさしの特番を見たときに「やっぱり老けたな」
という思いと共に「こりゃいつまでステージに立っていられるかも分かったもの
ではないので、今のうちに一度見ておかねば」ということで、今でもさだまさし
のファンである母親への親孝行も兼ねて、見に行くことにしたのです。

率直な感想としては、やはり行ってよかったなと思います。
歌もトークも円熟の域に入っているというか、完成された芸を見ている感じ。
ちなみにさだまさしのコンサートはトーク(というか漫談)もウリの一つになって
いまして、ある落語家が新米弟子に「さだまさしのコンサートに行って勉強して
こい」と言ったという話もあるくらい。
観客の年齢層といい、綾小路きみまろと近いものがありますが、噺家としても
さだまさしの方が上なのではないか、とふと思ってしまいましたね。

ちなみにさだまさしはアコギにピックアップを入れておらず、PAはマイクのみ
というスタイルを貫いていて、それがむしろ新鮮でした。

以下、今回のセットリスト。

■1部
長崎小夜曲
絵はがき坂
指定券
最終案内
フェリー埠頭
−トーク1−
殺風景
春雷
−トーク2−
フレディもしくは三教街

■2部
北の国からメドレー
案山子
−トーク3−
献灯会
秋桜
関白宣言
−トーク4−
天然色の化石
防人の詩
−トーク5−
まほろば
修二会

■アンコール
風に立つライオン
posted by みっつん at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 見た聞いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

You & Me

土曜日に押尾コータローのNewアルバム "You & Me" が届きました。
10月1日発売だったのに、ちょっと遅いなぁ・・・。



まだしっかり聞き込んではいないんですが、第一印象としては「君がくれた時間」が
素晴らしいですね。
ただ全編コラボアルバムって企画としては面白いんだけど、どちらかというと
押尾さんが脇に回っちゃっている感じがして、ちょっとつまらない気がしなくもない。


ところでこの土日に練習の一環として、試しに自分の演奏を動画に撮ってみました。
あ、今回動画のアップはありませんので悪しからず(笑)
これが自分で自分の演奏を見てみると、なんか思ったよりチマチマ弾いているな〜と。
ストロークもなんか小っちゃいし、ラスゲアートも指先が延びきっていなかったりとか、
なんかこう「違うな」と。キレが感じられないというか。
というわけで、その辺を見直しながら練習練習。
posted by みっつん at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た聞いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

エンターテイナー華麗なる技の秘密

今日20:00からBS2で放送していた「エンターテイナー華麗なる技の秘密」を見ました。
もちろん目当ては押尾コータロー氏。
今回は、同じギターを押尾氏とギター歴4年の人が弾いた場合で、実際に何がどう
違っているのかをスーパースロー再生や、音響分析から見ていくという企画で、
そりゃもう、興味深い結果でしたね。

同じギターで同じフレーズを弾いているはずなのに、それぞれの周波数成分の出方が
違っていたり、同じギターでただ1つの音を鳴らしているだけなのに、弦の振動の仕方
が全然違っていたりするんですよ。
解説によると違いが出る大きな理由の一つは、弦を弾くときの指のスピードが全然違って
いるのだとか・・・。
とっても勉強になった気はするのですが、実際自分の演奏に応用できるかどうかは
また別問題でして(笑)

ところで、CDと同時にまた1冊スコアを買っちまいました。



そう。デビューアルバムを未だに聞いていなかったのです。ガハハ。
YouTube や MySound でいろんな人が演奏している"ティコ" "黄昏"の2曲が特に
いいなと思い、つい衝動買いを。
ああ・・・またスコアを持ってて弾けない曲だけが増えていく・・・(笑)

しかし私は最初にベストアルバム "Blue Sky" のスコアを買ってしまったもので、
このベスト以前の他のアルバムのスコアを買うのは控えてたんですよね。
曲がかぶっている分、なんか損するような気がして・・・貧乏性なんですけどね(笑)

しかし今回ファーストアルバムのスコアを買ってみて、ベストアルバムと採譜が違って
いるのに驚きました。ベスト版の方が断然使えます。
これで遠慮なく全てのスコアを買い揃える踏ん切りがつきましたよ(ぉぃ)
posted by みっつん at 00:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 見た聞いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

私的押尾論

押尾コータローを初めて知り、練習を開始してから3ヶ月を過ぎよう
としています。
まだアルバムは2枚しか聞いてないし、氏については断片的な知識しか
ないのですが、ギターを弾く人弾かない人、それぞれにファンを獲得して
いる理由が少し分かってきた気がします。

最初に氏の曲を聞いたときの感想は「すごい・・・でも難しそう」でした。
楽譜を買って練習してみると、確かに簡単ではなかったです。
が、意外と「全然無理」ってほどの難易度ではないんですね。
押尾氏本人が類稀なテクニシャンであることは疑う余地はないのですが、
超絶技巧を要することなく、弾いていても聞いていても気持ちよくなれる。
そんな曲作りが人気の理由であるとともに、氏のすごさなのかなと。

実際、YouTubeや、MySoundを見ていると、押尾コータローの曲を自分で
演奏してアップしている人の多いこと・・・。
コピーが本人の映像の数をはるかに凌いでいるというのが、押尾コータロー
というアーティストの特色を物語っている気がします。
posted by みっつん at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た聞いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。