2011年07月08日

US-600

録音をしたり、ライブ配信したりする時には、これまでオーディオI/Fとして ZOOM H4 を使っていました。
しかしH4はあくまでフィールドレコーダーであり、オーディオI/F機能はオマケみたいなもので、特に、

(1)入力チャンネルが2つしか無い
  マイク、コンタクトPU、マグネティックPUを独立して同時に録音できない。

(2)モニターする時に、出力と入力のバランス調整ができない。
  重ね録りする時に、弾いてる音と重ねる対象の音のバランスを変えられない。

という2点がなんとかならんものかと、ずーっと思ってました。

(2)に関しては、2万円台のオーディオI/Fならばバランス調整のつまみがついてるものがほとんどなんですが、(1)に関しては「4in4out」とか書かれてても、入力端子が4つってだけで、DAWへ入力できるチャンネル数は実は2つしかないとかそんなのばっかりで、なかなかこれ!っていうのが無かったんですよね。(金に糸目をつけなければ、要求を満たす製品なんていくらでもありますけどねw)

それが、今年に入ってからTASCAMがようやくコレ!っていうのを出してくれました。
US-600 です。

tascam_us600a.jpg

アナログだけで4ch、デジタルを含めれば6chの同時入力が可能で、オーディオI/Fとしての基本機能は一通りそろっていると思います。しかも実売が2万円を切る安さ!(ちなみに私は数量限定で税込17,850円で買えました。)

これでまたしばらく、いろいろ遊べそうです^^

posted by みっつん at 07:05| Comment(0) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。