2010年04月27日

ピエゾピックアップ研究 (その9)

前回作ったものから各部を微調整しながらトライアンドエラーを繰り返して、ボツピックアップがまた10個近くできてしまいました(汗)

生音をそのまま再現するのは本当に難しい、と改めて思い知ったわけですが、今一番の壁となっているのは「きちんと締まりのある低域」を出すこと。アコギって実は結構低域が出ていて、生音に近いコンタクトPUを作る上には、高域の耳障りさを抑えることはもちろん、低域の再現性がそれ以上に重要な要素である気がします。

ピエゾ素子への入力側を緩めてやれば低域を出すことはできるんですが、減衰の悪いボヨヨンと締まりのない低音になってしまって、結果生音とは程遠いものになってしまうという。
どうやら根本的に素材を見直さなければ、これ以上の進展は無さそうな雰囲気です。

ところでコンタクトPUを作るときに、貼り位置との兼ね合いをどうするかというのも結構難しいものがありますね。いろいろやってきて、経験則としてセオリーはこうかな?と思ったのは、

(1) リファレンスとするPUを作っておいて、いくつかの貼り位置で試す。
(2) その中から各弦をバランスよく拾えて、入力が過大にならず、適度なアタックとサステインが得られる位置を探す。
(3) 位置を決めた上で最初にリファレンスとしたPUから相対的に調整したものを作製。
(4) PUを作ってから更に位置を微調整する。
(5) 以下、(3)(4)を繰り返しつつ、場合によっては(1)に戻る(爆)

という感じなのかなーと。要するに位置を先に決めるベシということです。
ということで、現在の構造と素材でできる範囲でのベストがコレ。
結局、見かけは某有名PUのコピーといっていい状態になってしまいました(汗)

2010-04-27-pickup.jpg

さすがに数え切れないほど作ってきたので、最初のころに比べれば仕上がりも綺麗になってきました。
今回はちゃんとしたRCAプラグも付いています(爆) というのも、1個200円と言えど数がかさむと馬鹿にならないので、いつもは1個60円の安物プラグを使いまわしてボツとなったものはそのまま、本気貼りする時だけ、まともなプラグに付け替えているのです。

コンタクトを接続する汎用ケースもエンドピンジャックと一体になるよう加工しました。

2010-04-27-endpin.jpg

加工自体は難しくないんですが、エンドピンジャックを汎用ケースに固定するナットを捜すのにエライ苦労しました(笑) ちなみにこの手のナットはホームセンターなんかより秋葉に行ったほうが見つかりやすいですよ。

そんなこんなでよそ様から頂いた知恵を最大限に活用してできたサウンド。毎度毎度演奏がグダグダなのはスルーの方向で(笑)



NEO- Dを3割くらい混ぜてこんな感じ



前回同様生音と比較してみましょう。



完全に同じとは到底言えませんが、まあこんなもんかなー。
思えば4ヶ月ほど前、最初は「自分で作れたら安上がり?」とか、ドケチ根性からスタートしたピックアップ作りですが、ピックアップ作りそのものに対する面白さにハマってしまい、気が付けばアンフィニPUが余裕で買えるくらいお金を注ぎ込んでいたり・・・。苦労はしましたが、その過程でいろんなことを学べました。

というわけで第二次PU製作プロジェクトはこれにて終了。
第三次プロジェクトは、また新しいギターを買った時ですかね!(爆)

posted by みっつん at 22:28| Comment(13) | 自作ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 かなり進化しましたね!
素人目線からだと、もうわかんないと思うので今度ライブとかでも自分のピックアップをアピールしてみたらどうですか??
 NEO-Dと混ぜたら前回書いていた低域の部分も出ていると思いますし、僕的にはとても良いものだと思いますよ。
 
 ちなみに、完成形になるまでそれくらいお金かかりましたか^_^;
 値段的にはアンフィニピックアップ分を買えたお金だったんでしょうが、その分音作りとか機器関連とかでかなり良い経験になったでしょうね!
 第1回から何回も読まさせてもらいましたが、本当に凄い!
 また、進展を願っています。
Posted by 11日の息子 at 2010年04月28日 21:40
>11日の息子さん

ありがとうございます。
いずれ試しにライブで使ってみたいとは思ってるんですよねー。D-28とはまた性格が違うので、上手くマッチする曲があれば。
写真のPU1つだけの単価で言えば、500円もかかってないんですけど、試行錯誤の過程でほとんど使わずに無駄になった素材とかが馬鹿にならないです・・・。
何気にピエゾ素子だけで50枚は消費しているし(爆)
Posted by みっつん at 2010年04月29日 11:38
回を重ねるごとにレベルアップして、もはやプロの仕事の域ですよね。
尊敬です。
Posted by 佐藤コータロー at 2010年04月30日 18:41
>佐藤コータローさん

プロの域はさすがに言い過ぎですが(^^;結構頑張りました。
他のギター用にも作ってみたいなと思ってまして、ピックアップを付けるためにギターを買うという本末転倒なことにならないよう気を付けないと(笑)
Posted by みっつん at 2010年05月01日 07:06
ヤリきったんですね!
敬服致します。
ボクは、相変わらず弾くだけなので・・・
とても勉強になります。
生音出すのは難しいですよね。
Posted by flava at 2010年05月01日 12:41
やりきりました!
とりあえず今できるベストです。つーかギターは弾くだけで十分です…
Posted by みっつん at 2010年05月01日 21:38
いやぁ〜、やりましたね!!
ぼくも相変わらず楽しんでますよ。(笑)
低域のコントロールと貼り位置のくだりは激しく同意です。
ぼくも今いろいろと考えを巡らせて試しているところです。
これからも大いに参考にさせて頂きますね。
Posted by deoemon at 2010年05月03日 19:56
>deoemonさん

deoさんにそう言ってもらえると自信になりますねー。
最近ピックアップに関しては音無しの構えだったので、どうなってるかなーとかなり気になっていました。
更新間近でしょうか?!期待してますね!
Posted by みっつん at 2010年05月04日 09:02
第一回から読ませていただきました。
僕も受験生ではありますが、ピックアップを作って遊んでます。

みっつんさんのもyoutubeで見たりしてますが、自作PUだったんですね〜
すばらしいです

ボックスの中身は何でしょうか?
ぜひ教えていただきたいですm(__)m
Posted by ギターを離せない医大志望生 at 2011年07月03日 00:38
>ギターを離せない医大志望生さん

YouTubeで自作PUで演奏してるのは、実は「桜・咲くころ」
だけです(^^;
最近のはアンフィニさんのPUですよ。

ボックスの中身は、市販のステレオエンドピンジャック
(http://bit.ly/kYx03W) と、モノラルシールド、RCAジャックで
それらを結線してるだけです。
RCAジャックがコンタクトPU側で、モノラルシールドの先に
RCAジャックがついてて、そちらがマグ用になってます。



Posted by みっつん at 2011年07月04日 11:17
自作ピックアップ、とても興味深く読ませていただきました。
私も自作していますが、ここまで完成度が上がっていません。
ビックリです。

最終形のピックアップをモールドしている青い樹脂、私も使ってみたいのですがどこのメーカーのなんという製品ですか?
入手方法も併せて教えていただければ助かります。
Posted by コバトン at 2013年01月06日 14:04
>コバトンさん

すみません。長らくブログを放置しておりましたため、コメントに気が付きませんでした。
モールドに使っているのはエポキシレジンで、ブレニー技研のGM-9002というのを使っています。
確か東急ハンズで買ったと記憶しています。
Posted by みっつん at 2013年02月15日 00:58
ありがとうございます。
東急ハンズ、行ってみます。
Posted by コバトン at 2013年02月20日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。