2010年04月04日

ピエゾピックアップ研究 (その8)

前回の記事にのせたものから、上部を固める素材を樹脂に変えてしばらく使っていたのですが、それを使って Stickam でライブした時に取り付け時と全然音が変わってしまっていることに気がつきました。

なんか中低域が出過ぎで音がこもり気味になるわ、もともと3弦開放がウルフトーン気味だったのがさらに強調されるわでそりゃ酷い状態。
上部を固めるのに使っていた樹脂はどうやら完全に固まるのに2日くらいかかるようで、完全に固まる前に音を確認して「ま、こんなもんか」と判断したのが、その後音が変わってしまったと。


というわけで、また新しいものを作りました。
今回は取り付け前に念のため丸3日間寝かせてあります(笑)

2010-04-03-pickup.jpg

樹脂で固めた結果なぜか中低域が出過ぎてしまったので、今回はちょっと中低域を抑えめに、高域をシャッキリさせる方向でさじ加減を微妙に変えたものを3タイプ作って、音を出してみて一番合うものを選ぶことにしました。

あ、今回からケーブルをモガミのNEGLEX2520に変更しています。

2010-04-03-mogami2520.jpg

残念ながらマイクロフォニック対策はされていません。というか実は前回まで使っていた2330も対策されていませんでした(爆)
3mm以下の太さの1芯シールドで市販されているものでは、どうやらマイクロフォニック対策されているものはないようです・・・。なのでどうせならより細く柔らかく扱いやすいものを選んだほうがいいだろうと。一応市販されているコンタクトPUで2520を採用しているものもあるようです。

はい、それでは問題のサウンドの方ですが、結果こんな感じです。



ちなみに生音をマイク録りしたものはこんな感じで



ピックアップの音だけを聞くと悪くはないのですが、やはり生音には程遠いです。中域を削りすぎた感があるので、次回はもうちょっと微調整したものを試してみます。
要研究ですなー。
posted by みっつん at 11:49| Comment(4) | 自作ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どえらい格好良くなりましたなー。

どこかのパクリですか?
(*_ _)人ゴメンナサイ

Posted by のぶぞ〜 at 2010年04月04日 21:58
>のぶぞーさん

ぶっちゃけ外見はパクってます。
さすがに音は違いますが・・・。
Posted by みっつん at 2010年04月05日 12:20
みっつんさん、こんばんは!

最初のサウンドファイルを聴いて、良いんじゃぁないの!って思ったのですが.....

二つ目のファイルを聴いてしまうと、みっつんさん自身も書いてる通りのコメントになってしまいますね。

実際聞き比べする訳ではありませんが、何処まで生音に近づけるか! が肝ですね。
各P.Uメーカーもそこで知恵をひねってるんでしょうね。
Posted by aldonet at 2010年04月06日 20:58
>aldonetさん

いや、おっしゃる通りでして。
とりあえず使えるレベルのものができればいいかな〜と思ってましたが、やっぱり欲が出てくるもんですね(笑)
音が出る仕組みが根本的に違うところもあるので、生音と全く同じというのは無理だと思いますが、できるだけ近づけたいものです。
Posted by みっつん at 2010年04月07日 12:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。