2010年03月12日

SONIDOオープンマイク 5th

三鷹SONIDOの月イチアコースティックセッション。
先月に引き続き、今月も参加させてもらいました。

前回参加したとき少人数ながらも自分を含めスガシカオファン率が異常に高かったので、
そちら方面を意識して2週間でなんとかモノにしたスガシカオの「月とナイフ」、それから、
LOVIN' YOU を演奏。

前回に比べればまだ緊張しなかったものの、やっぱりちょいちょいミスしますね・・・
思うに緊張する→余裕なし→先、先と意識して手を動かせない→ミス!! という流れが
あるような気が。
モータースポーツに例えれば、次の次のコーナーを意識したライン取りができてないのと
一緒ですな(分かりにくい?(爆)

ところでこのイベント、参加者が一巡した後は即席のセッションタイムとなるのですが、
これが楽しかった〜
ヴォーカルのバックでギター弾くのもいいもんですね。
もう一人のギターの方と一緒に合わせたので、自分はルート音を入れながら裏メロ弾きつつ、
ところどころリードっぽいフレーズ弾きつつ楽しませてもらいました。

ちなみに今回コータローファンの方も参加されてまして「HARD RAINとか弾けます?」って
流れに・・・。残念ながらレギュラーメンバーには入っていないので、代わりに前回もやった
戦メリをショートバージョンでリベンジ・・・するつもりだったのが、またしてもグダグダ(爆)
あ、アンフィニPUのおかげで「ドン、ドン、カッ」だけは決まりましたよ(笑)

さて、次回は何をやろうかな〜。
posted by みっつん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おーすごいすごいー
活発に活動しているではないですか!
ひとりで弾いているときとは違う楽しみもありそうな。
毎月の恒例行事になっていきそうですね〜! グッド!!
Posted by gezkaz at 2010年03月13日 01:07
gezkazさん
ホントホント。
ソロはソロで楽しいんですけど、人と合わせると別の楽しみがありますね〜。
まだ自分は即興のセッションで自由自在にってわけにいかないので、
その辺こなせるようになるともっと楽しいんだろうな〜と。
Posted by みっつん at 2010年03月13日 09:55
すごいですね〜
 なんかまるで夢チカみたいでいいかんじですね〜(夢チカライブは、アーティストが一巡したらセッションする)。 セッションは僕もしたことありますけど、楽しいですよね!

 あと、緊張すると下とかフレットとか右手とか見ることが多くなるので、正面を見て表情をやわらかくすると良いですよ! 要は音楽にのってしまうということです。

 それでも難しいなら、通常の練習で自分の前に鏡を立てておいたら、フレットとか右手を正面を向いたまま確認できるので、変なフォーム直す+正面を向く癖ができるので一石二鳥ですよ!!
 緊張を楽しむようになればもうライブは完璧ですよ(笑)
Posted by 11日の息子 at 2010年03月13日 16:41
11日の息子さん
アドバイスどうもです。
指板を見るかどうかって結構難しいものがあって、クラシックの奏者なんかは
基本的に指板ガン見だし、鉄弦でも岸部さんなんかはそうですよね。
エンタテイナーとしては客の方を向く方が、より好ましいんだろう
なと思いますが、自分はあまりそこにこだわらないことにしてます。
Posted by みっつん at 2010年03月14日 07:17
2回目?
月一なんですね!
ウラヤマシス・・・

ア〜、わかるなぁ、その気持ち。
余裕ないのに、苦手なトコとかズイブン先のコードを頭の中で追ってたりするんですよね。(違う?)
それも含めてLIVEは楽しいですよね。
日常にはナイ緊張感だったり高揚感だったり。

次回は、1曲”秦”を入れてみては?
Posted by flava at 2010年03月19日 23:47
flavaさん
月イチなんですよー、ボヤボヤしているとあっという間に弾ける曲を使い果たしそう(爆)
自分の場合は苦手なところとかを追ってたりすることもあるんですが、一拍二拍先しか
見えてない時の方が多いですね・・・。
自転車の運転って遠くを見ると急に乗れたりするじゃないですか。
そういう感じが無いというか。
Posted by みっつん at 2010年03月20日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。