2010年02月24日

アンフィニオリジナルPU装着!!

今年に入ってから試行錯誤を繰り返していたオリジナルPU作りですが、D-28に関しては
アンフィニオリジナルコンタクトPUを搭載することにしました。

当初、人前で演奏することなんてほとんど考えていなかったので、オリジナルPU作りは
時間をかけてゆっくりやればいいやと思っていたんですよね。
それが思いがけずその時が早く訪れることになってしまい、ショボい自作PUでモンモンと
するより、ひとまずプレイヤーとしての自分を重視して、ライブで満足のいく音を出すことを
優先したのです。

なので、オリジナルPU作りに関しては、FGの方でゆるゆる継続していこうかなと。
いずれライブで複数のギターが必要になる可能性もないとは言えないですしね。



ということで、

「いろいろご指導頂いてましたがやっぱりアンフィニPUでお願いします(泣)」

と藤岡さんを訪ねてお願いしてきました。
ここでまたまた3時間近くも長居をしてしまい、いろんな話を聞いてきました。
あ、そうそう。今アンフィニさんのところにはデモ機としてNGCもあるのですが、これも
弾かせてもらっちゃいました!!
なんちゃって Landscape を弾いて思わずなりきってきましたよ(笑)

あー、1日ここでギターを弾いていたい(爆)



と、そんなこんなで今日我がD-28が上がってきました!!



SUNRISE とアンフィニPUの組み合わせで、もうほぼ押尾仕様といっていい状態です。

早速サンプル音源をご紹介・・・。
まずは100%コンタクトPUのライン録りで「風の詩」です。曲的にはマグを混ぜた方がそれっぽい
のですが、とりあえずコンタクトの音だけ聞いて下さいということで。
リバーブだけはうっすらとかけています。

風の詩

続いて、マグとコンタクトを半々くらいに混ぜた状態でSPLASHのさわりだけ。

SPLASH

どうでしょう?
ピエゾ特有の高域の耳障りさが全然なく、しっかり低域まで出てると思いません?
これでEQはD-TARの癖であるドンシャリ感をなくす方向に低域を気持ち削って中域を気持ち
上げている状態です。PM-200efならば、EQ中立でこれと同じくらいの状態になるはずです。

アンフィニPUのすごいところは、EQ中立で上から下までフラットにギターの音がそのまま
出てくるところです。
この音を聴くと、今までどんだけEQで音をめちゃくちゃにしていたのかと思い知らされます。
というか、告白すると、一番最初にアンフィニさんを訪ねた時にアンフィニPUの入ったギターも
試奏させて頂いたのですが、その時はピックアップどうこうでなくPA全体で作られた音だと
思っていました(^^;
それがピックアップを自作するようになって初めてそのすごさを実感したんですよね・・・。

結果的に遠回りにはなりましたが、アンフィニPUのすごさを十分理解して納得した上で取り付け
られたのは良かったかなと思ってます。

さぁ!!あと足りないのは自分の腕だけ(爆)
posted by みっつん at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですねー♪
アンフィニのコンタクト
素晴らしい!!!
これだけで良い感じです。

欲しいな〜〜
うらやましいです。
Posted by のぶぞ〜 at 2010年02月25日 21:44
良いですね〜
ついにアンフィニオリジナルピックアップですか! サンライズとも相性バッチリって感じですし、これからも演奏活動が広がるんじゃないんでしょうか?

自作ピックアップの方も期待しています!
Posted by 11日の息子 at 2010年02月25日 22:28
のぶぞ〜さん
へへへ、いいでしょー(笑)
ホント、コンタクトだけで十分成立するので、コンタクト中心の
音作りができるのがアンフィニPUの強みですよね〜。
Posted by みっつん at 2010年02月26日 12:50
11日の息子さん
やはりアンフィニさんもサンライズを推奨しているだけあって、
組み合わせ的にはバッチリですね。
前回のライブでショボショボ戦メリになってしまったので、
まずはここからリベンジしてみようかなと。

自作の方は試してみたいアイデアがまたいくつかありますので、
近いうちにアップします。
Posted by みっつん at 2010年02月26日 12:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。