2009年06月27日

右手のフォーム変更 (その5)

1年ぶりくらいに、最近また右手のフォーム変更に取り組んでます。
LOVIN' YOU の動画を上げて、自分でも何度か見直してみたのですが、やっぱり自分は
手首をトップから持ち上げ過ぎなのかな〜と。
なので、ブリッジミュートする時に通常の構え方との違いが大きくなるし、ピッキング
の仕方も指の付け根から動かすようになっているんですね。
それで細かいフレーズが弾きにくくなっているというのもある気がします。

以前は今よりも手首がトップに近く、腕がトップと並行になる構えでしたが、親指の腹でなく
爪でピッキングするようにしてから、次第に今の形になってしまったんですね。

BEFORE


AFTER


ということで、しばらくこの形が身に付くよう頑張ります。

posted by みっつん at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Unknown
お・・
キレイなフォームですね!今のままでいいのでは・・?

私はどちらかというと2枚目の写真のフォームに近い感じだったのですが、
以前岸部眞明さんのライブの時に、演奏を見ていただいたら、
手首を指摘されて、(トップ板に近いと指が寝てしまう、とか)
1枚目のフォームのようになるように直されました(^_^;)
でもなかなか直せないのですが・・・
参考までに(^^ゞ
Posted by saki at 2009年07月12日 12:04
sakiさん
おっと、貴重なご意見ありがとうございます。
改めていろんな人のフォームを見てみると、結構マチマチなようですね。
コータロー1人とってみても、普段は2枚目写真に近い形で、曲によって
1枚目みたいな形の時もあるし。

鉄弦は教科書通りっていうやり方が確立されていない分野なので、
結局いろいろ試してみて、自分なりにあうものを選ぶしかない
のかもしれませんね〜。
Posted by みっつん at 2009年07月12日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144635135

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。