2009年04月11日

S-2 & コムピエゾ取り付け

SUNRISE S-2 とコムピエゾの取り付けをしました。
今回はその作業レポをご紹介。・・・と、その前に。

今回の取り付けに当たっては、前回アンフィニカスタムワークスの工房を訪ねた時に
藤岡さんから頂いたアドバイスを大いに参考にさせて頂きました。
この場を借りて改めてお礼申し上げます

アドバイスは、主に以下の通り。

・マグを外している時でも貼りピエゾだけ使えるように、貼りピエゾをTipから出した
 方が便利。

・ケーブルをボディに留める時、トップには貼らない方がいい。また、ケーブルが
 ボディに直接、間接的にも触れないようにする。(マイクロフォニック現象により
 ケーブルが音を拾わないよう)

・貼りピエゾのシールド加工の方法。(こちらはお店のブログで紹介されていますね)

・S-2を取り付けるときは、ピックアップ上のネジを低音弦に合わせる。(S-2の高音
 弦の入力は捨てて高音側は貼りピエゾに任せる)

ざっとこんなところですかね。

(あ、この件でアンフィニさんへの問い合わせはやめてくださいね。念のため)

それでは作業開始!!

コムピエゾのシールド加工と、エンドピンジャックまでの接続は以前済ませていまし
たが、今回シールドを GEORGE L's に変えました。
ピックアップ近くでシールドをぶった切って、芯線を半田付け。芯線とシールドを
絶縁した上で、シールドを重ね合わせて収縮チューブで仕上げてあります。
(ここの写真撮るの忘れた・・・)

S-2 からエンドピンジャックは、S-2 から出ているシールド 〜 ミニプラグ、ミニジャック
〜 エンドピンジャックという形になるので、ミニジャックとエンドピンジャックの間も
GEORGE L's にしてみました。

エンドピンジャックへのシールド取り付けが、ちょっと細かい作業になる上、ちゃんと
絶縁しなければいけないので、若干難儀しました。



S-2側のシールドにもミニプラグを付けて、半田付けの絡む作業は終了。
続いてボディに入れたときの配線をイメージして、ケーブル固定用のクリップを貼り
付ける場所の位置決め。
ここは各端子の位置を決めてから、後でボディ内で留める場所を決めるべきなのか、
予め留める場所を決めてからボディに入れるべきか、分からないところだったのですが、
私は作業のしやすさを優先して、先に留める場所を決めてクリップをつけてしまいました。



クリップはケーブルが直接触れてボディの振動を受けないように、スポンジ状のもので
くるんであります。



マグ側のミニジャックはこんな感じで、これまたボディの振動を受けないように、
ウレタンの土台の上に、S-2 のインストールキット付属のジャック固定用パーツを
貼りつけました。



ジャックは両面テープで固定し、白いパーツとウレタンの間は念のためゴム系接着剤
で固定しました。
プラグ側はフリーになっているので、状況に応じてマグだけ外すことも簡単にできます。

これらを全部ボディの中に入れて各パーツを両面テープで貼り付け。
最後に S-2 のプラグをジャックに指して、サウンドホールに固定したら完了。



S-2の取り付け位置は若干1弦よりにオフセットさせて、6弦のちょうど真下にピン
が来るようにしました。

早速、H4につなげて見たところ・・・、S-2は問題ないのですが、ピエゾの方から結構
ノイズが出てきます・・・ うーん、なんでかなー。
銅箔シートによるコムピエゾのシールド加工が上手くできない or GEORGE L's のケーブル
に接いだ時にシールドがちゃんと繋がってないのかな?とも思いましたが、テスターで
確認したところ、銅箔シートからエンドピンのグランドまではちゃんと導通しているみたい。

しかし音はともかく見た目的にもS-2が付いている姿というのはいいですね(笑)



posted by みっつん at 18:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですねえ
エンドピンに直接半田付けするんですね。ニコピンのエンドピンみたいなパーツがあるのかなと思っていました。
難しそうやなあ。僕に出来るかしら/(^◇^;)。

これからノイズ対策かな。音質のレポートも待ってますね。

それよりD−28に自分で穴開けるの、プレッシャーなかったですか?。<img src=http://mittun36.up.seesaa.net/kao/hiyo_oro.gif>
Posted by 佐藤コータロー at 2009年04月12日 09:24
佐藤コータローさん
ニコピンのようなミニジャック付きのエンドピンも単体として売ってるかもしれないですね。
ただ、プラグ側はどうしても半田付けが必要になってしまいますが、モノラルならそんなに
難しくもないですよー。

ノイズ対策は頭が痛いですよ・・・。
ベルデンのシールドを被せたりしてみましたが、そう大きく変わらず。
若干諦めモードに入ってます。

エンドピンの穴を開けるときは確かにちょっと緊張しました<img src=http://mittun36.up.seesaa.net/kao/face_ase2.gif>
でもバナナムーンさんが割と安全な方法を紹介して下さっていたので、
その通りにやるだけで済みましたよ。
Posted by みっつん at 2009年04月12日 17:41
みっつんさん
サンライズ仲間ですね!
なれるまで、意外と弾きづらい時あるかもデス。
次は湿度対策ですかね・・・。
北海道は冬季乾燥対策です!
Posted by flava at 2009年04月12日 21:16
flavaさん
確かにアルペジオ系の曲なら違和感ないですが、ストローク系の曲で
時々爪の先がS-2に当たってます。S-2ってサウンドホールから出ている
部分が大きい上に、あのピンがありますからね。
この冬に私も加湿器買いまして、夏はエアコンがあるので一応湿度対策は
大丈夫かな?
Posted by みっつん at 2009年04月13日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。