2009年02月07日

入院

ギターの診断をして頂くために、チューンナップの予約をしていたアンフィニさん
を訪ねてきました。

まずは自分のギターを見て頂く。
ネックには問題なく、まっすぐ過ぎるくらいまっすぐとのこと、ホッ。
買った時から弦高は低めだったのですが、MARTINの工場出荷状態としては珍しい
らしいです。
ただ、弦高が1弦側が低く、6弦側が高くなるよう傾斜がついているので、これを
フラットな状態に近づけた方がいいでしょうと。
あと弦落ちが気になっていた1弦。アンフィニさん曰く、MARTINはネック幅を
一杯に使い過ぎ、逆にYAMAHAは弦間が狭過ぎだと。
今回のチューンナップでは、親指での押弦をしやすく1弦の弦落ちを防ぐようにする
よう、全体的に6弦側にずらしてもらうことにしました。

と、チューンナップの方向性が大体決まったところで、M-Factoryを載せた押尾仕様
のD-28というのを弾かせて頂きました。
GEではないものの、弦高その他もろもろ全て押尾仕様を調査して再現されたそうで、
まぁ、これが素晴らしいの何の(笑)
思わず自分の腕が上がったのではと錯覚しそうな勢いでしたよ。

自分のD-28はそのままお預けして帰ってきたので、しばらく家で弾けるのはFGのみ。
どんな風に変わって帰ってくるか楽しみです♪


posted by みっつん at 18:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チューンナップ
楽しみですね〜!!!
しかもすぐに預けられたようでなんともうらやましい(笑)
私のギターくんもまだ入院中です。後からあれもこれもと追加注文してしまったので
もうちょっとかかりそうです。
早く再会したいですね〜☆

それにしても、押尾仕様、うらやましすぎ・・・
Posted by saki at 2009年02月11日 12:01
sakiさん
いつもコメントありがとうございますー。
ブリッジピンフィッティングも追加したんですね〜。実は私もお願いしてます(笑)
純正のピンでも、ちゃんとフィッティングされていると全然違うみたいですし、
きっと効果出ますよー。

押尾仕様のD-28はBOM(b)さんもブログに書いておられたとおり、
本当に「帰りたくなくなるサウンド」でしたよ!
Posted by みっつん at 2009年02月11日 20:50
みっつんさん
東京はメンテ出来るトコあってヨイですね。
マイmarthinも入院させたいのですが・・・。

音源、拝見しました。
ウマイですねぇ!!
マスマス頑張って下さい。
楽しみにしています。
(ボクは録画したことないんです)
Posted by flava at 2009年02月13日 17:24
flavaさん
ウチは東京と言ってもちょっとはずれの方なので、全国からチューンナップの依頼が
あるような店が、たまたま近くにあるのはすごい幸運なのです<img src=https://mittun36.up.seesaa.net/kao/face_setsunai.gif>
拙い演奏見て頂いてありがとうございます。flavaさんの演奏は札幌で直に拝見させて頂きたいですね!
Posted by みっつん at 2009年02月14日 07:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。