2008年12月04日

さだまさし35周年記念コンサート

さだまさし35周年記念コンサート(於NHKホール)に母親の付き添いとして
行ってきました。

と、いかにも「自分はさだまさしなんか興味ないんだもんね」みたいな書き方
をしてみましたが、嘘です。今回は半分以上私の興味です(笑)
子供の頃、身内の影響でさだまさしを聞き始め、中学を卒業する頃には離れて
しまいましたが、今でも当時の弾き語り全曲集は家に残っていますし、ギター
で最初に弾き語りをした曲もさだまさしでした。

3ヶ月ほど前、たまたまテレビでさだまさしの特番を見たときに「やっぱり老けたな」
という思いと共に「こりゃいつまでステージに立っていられるかも分かったもの
ではないので、今のうちに一度見ておかねば」ということで、今でもさだまさし
のファンである母親への親孝行も兼ねて、見に行くことにしたのです。

率直な感想としては、やはり行ってよかったなと思います。
歌もトークも円熟の域に入っているというか、完成された芸を見ている感じ。
ちなみにさだまさしのコンサートはトーク(というか漫談)もウリの一つになって
いまして、ある落語家が新米弟子に「さだまさしのコンサートに行って勉強して
こい」と言ったという話もあるくらい。
観客の年齢層といい、綾小路きみまろと近いものがありますが、噺家としても
さだまさしの方が上なのではないか、とふと思ってしまいましたね。

ちなみにさだまさしはアコギにピックアップを入れておらず、PAはマイクのみ
というスタイルを貫いていて、それがむしろ新鮮でした。

以下、今回のセットリスト。

■1部
長崎小夜曲
絵はがき坂
指定券
最終案内
フェリー埠頭
−トーク1−
殺風景
春雷
−トーク2−
フレディもしくは三教街

■2部
北の国からメドレー
案山子
−トーク3−
献灯会
秋桜
関白宣言
−トーク4−
天然色の化石
防人の詩
−トーク5−
まほろば
修二会

■アンコール
風に立つライオン
posted by みっつん at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 見た聞いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知ってる曲〜♪
楽しまれたようでなによりです。
けっこう知っている昔の曲を多くやったんですね〜。
やっぱりコンサートに来る人たちは、昔からのファンの人が多いから、新しい曲ばかりやるよりも新旧取り混ぜがいいんでしょうね〜。

きっとお母さんも楽しんだはず。どうもありがとう〜。
Posted by gezkaz at 2008年12月04日 11:51
gezkazさん
本人曰く「1部は通好みの選曲、2部は素人の方でもお楽しみ頂ける曲を」だそうです(笑)
自分も知らなかったのは1曲だけだったかな?
楽しかったですよ♪
Posted by みっつん at 2008年12月04日 12:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144635074

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。