2008年10月28日

ネック幅

お店で試奏している時から、MARTIN君はネック幅があって弾きやすいなーと
感じていたのですが、どうもとんでもない勘違いをしていたようです。
ノギスでネック幅を測ったところ、FG-720S も D-28 ほとんど違いは無し。
ただ1弦から6弦の距離が

FG-720S ・・・ 36.9 mm
D-28 ・・・ 38.4 mm

ああ、やっぱり。
なんか1弦をプリングオフする時に(特にオーロラとか)、時々弦が指板から
外れてしまうなと思っていたのは、1弦と指板の端までの距離が今までより
狭くなっていたからなんだな・・・。

しかし、1〜6弦の標準的な幅ってどのくらいなんでしょうね?
ある意味 FG-720S の方が初心者向けの設定だったってことなのかな・・・。
posted by みっつん at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みっつんさん
そーなんですよね!
1弦のプリングしずらいんですよね。初めは・・・。
すぐに慣れて快適になると思いますよ。

あっ、弦は弾き終わる度に緩めることをオススメします。
Posted by flava at 2008年10月31日 12:19
flavaさん
人差し指〜薬指は問題ナッシングなのですが、ストレッチした状態から
小指でプリングする時だけ、そうなっちゃうんですよ〜。
練習あるのみですね。

無精者なもので、今まで弦は常に張りっぱなしでしたが、さすがに28は
一日の終わりに緩めるようにしております・・・今のところ(爆)
Posted by みっつん at 2008年10月31日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。