2008年09月22日

風の詩、桜咲くころ(再録)

割と本格的に練習を始めてからのこの4ヶ月ほど、弦はずっとマーティンの
フォスファーSPを使っておりました。
フォスファー弦のしっとりと落ち着いた音もいいんですが、なんとなく鉄弦っぽさ
が足りないというか、もうちょっとキラキラ感が欲しいなと思って、今回ブロンズ弦
に張り替えてみました。

いやー、これもいいですね。
ネットでいろんな人の意見を見てみると、フォスファーの方が音がキラキラしている
というのも多いですが、私にはブロンズの方が音がきらびやかに感じます。
この辺はギターにもよるのかな??
ただフォスファー弦の方が、持ちがいいというのは確からしいので、その辺は悩み
どころではありますが・・・。特に自分は弾かない時に弦を緩めない派なので、
余計に弦の持ちは悪くなるだろうし。

ところで、この張り替えたばかりの音で、ひとつ記録を残しておきたいと思い、
以前からずっと練習していた「風の詩」と、最初に録音したまま放置していた
「桜・咲くころ」を改めて録り直してみました。

風の詩は「押尾コータローの曲を始めるならまずこれから」って感じの難易度はやや
低めの定番曲ですが、弾き込んでくるほどやっぱり難しいなと感じます。
音が少ない分、ごまかしがきかないし、1音1音を大切にしないといけないなと。

桜・咲くころは前回録音してから2ヶ月。まだまだ完璧というには程遠いですが、大分
マシになったかな〜と。しかし微妙にテンポが乱れるのは相変わらず orz

風の詩


桜・咲くころ

posted by みっつん at 11:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 演奏動画・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめてオジャマします
たまたま流れてきたコータローずきです。
同年代で。押コーずき。
いい人に違いないと思い・・・。

私も、最近は時間なく弾けてませんが、3年程まえからヤリだして、マァマァ弾ける程度になりました。
お互い、アコギを楽しみましょー。

お時間ありましたら、私のブログも覗いて下さい。
http://blog.goo.ne.jp/flava-3akey

失礼しました。
Posted by flava at 2008年09月23日 23:31
flavaさん
コメントありがとうございます。
ブログ拝見いたしましたー。
D-40お持ちなんですね・・・羨ましい・・・。
レパートリーの曲からしても、かなり先輩のご様子・・・。
実は私も犬を飼ってまして、犬種はビーグルなんですが名前がモカ(笑)
奇遇ですね〜。
Posted by みっつん at 2008年09月24日 10:07
みっつんさん
ありがとうございます。
私はミッチーか、みっちゃんと呼ばれてます。
犬の名前まで同じとは・・・。他人とは思えませんね。
ギター購入にあたり、私も28を死ぬほど(大げさ)探しました。
が、物によりばらつきあります。
私の譲ってもらった40は、東京のWOODMANという所で購入しています。
弦高調整、メンテナンスもバッチリやってくれます。
信用できるお店なので、購入の際には相談してみてはいかがでしょうか?
欲しい物を伝えておけば、入荷の際に連絡もくれます。
東京は、ギター屋さんもいっぱいあって良いですね。
私はバンバンたたいてます(笑)
ゼヒ、againにもチャレンジして下さい!
Posted by flava at 2008年09月24日 23:33
flavaさん
姉は私のことを「みっちゃん」と呼びますよ(笑)
WOODMANは御茶ノ水の楽器屋さんなんですね。
この冬にでも新しいギターを買おうと思ってまして、その時には御茶ノ水
の楽器屋を一通り歩き回ろうと思っていたので、WOODMANにも寄ってみます。
D-40でもバンバン叩いていますかー。
ま、壊れたら壊れたで直せばいいって話もありますしね(笑)
Posted by みっつん at 2008年09月25日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。