2008年08月25日

Indigo Love (その3)

先日挙げていた問題点もなんとかクリアして、完全な形で弾けるようになってきました。
間奏のハーモニクス部分は、押尾氏本人の映像を見るとハーモニクスのフレーズ
に入る前の Gmaj7 を18〜20フレット近辺で弾いていて、その後元のポジション
に戻るときもゆったりと弾きながら戻っている感じだったので、これを真似して
やってみたところ、全く問題なくなりました。
こういう曲でポジション移動にあくせくすると、曲自体もバタバタしちゃいますね。

で、そろそろ録音してみようかなーと思い、土曜日にトライしてみたんですが・・・

やっぱりミスしまくり(涙)

酷い時は1小節もまともに弾けなかったりして思わず泣きそうになりましたよ。
なんでこんなに緊張するかなぁ・・・チキンハートが恨めしい。

ところでこの録音をしている最中、ふと気が付いた事が・・・。
普段練習をしている時は多分そんなことないんですが、ところどころでぐっと
息を止めてしまっているんですね。
管楽器のように息継ぎをする必要があるというわけではないけど、息を止めちゃう
ってのも果たしてどんなもんなのかなと。

鍵盤や弦楽器の達人が演奏をしている時は、どんな息使いをしているのかな・・・と
思わず気になってしまいました。
posted by みっつん at 16:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わかります!
練習(ピアノ)のときは、おぉ〜いいんじゃないのなんて、調子にのってる私ですが
いざ、録音(←この前電子ピアノの録音使ってみました)、レッスンの先生の前。。。
何故かミスしまくりなんですよね^^;
ちなみにギターでは今のところ関係なくミス連発(笑)

息止める・・・ハッ<img src=http://mittun36.up.seesaa.net/kao/face2_shock_s.gif>確かにそうかもしれません。
あまり気にしてなかったのですが、先生の前で弾き終わった後に、大きく息を吸うことがあります。
弾き終わって、ハアハア言ってたら先生もコワイですよね(笑)
今日ピアノレッスンなので、ちょっと確認してみます^^;
Posted by uma at 2008年08月25日 16:48
umaさん
私の場合は多分ちゃんと弾けたときの記憶だけがはっきり残っているものだから、
本当は10回に1回くらいしかちゃんと弾けなかったとしても「もう弾ける」と
勘違いしちゃっているんじゃないかな〜と思うんですよね。
緊張からミスしまくっているのも多分にあるんですが(笑)

息の仕方、良かったら先生に聞いてみてください〜。
意外と「意識してない」なんて答えかもしれませんね(笑)
Posted by みっつん at 2008年08月26日 09:03
息継ぎ
どこで習ったのか、本で読んだのかは忘れちゃいましたが、
ピアノの場合は、スラーやレガートの記号では、
息継ぎしない、というのが決まりみたいですよ。
弾き始める前には息を吸う、
あとは、フレーズの切れ目で息継ぎみたいです。
特に、cantabileの場合は、これが大事とか。
Posted by gezkaz at 2008年08月28日 16:05
あと、もひとつ
息継ぎのタイミングをつかむのに、
歌いながら弾くといい、というのも言われました。
歌うっていっても、まぁ、ハミングとか音階とかを
歌いながら弾くだけなんですけど、これをすると、
息継ぎのタイミングと同時に曲の展開もわかるので
やったほうがいい、と前に習っていた
日本人の先生に言われましたよ。
私もたまにやっています。
Posted by gezkaz at 2008年08月28日 16:08
gezkazさん
なるほど・・・。
ということは、息継ぎって簡単に無視できる要素じゃないんですねぇ。
ハミングしながらっていうのやってみました。
確かにこれは分かりやすいです。
Posted by みっつん at 2008年08月29日 03:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。