2008年07月02日

右手のフォーム変更(その3)

相変わらず右手のフォームに悩んでます。
鉄弦には鉄弦のフォームがあるということで、YouTubeを中心にいろんな
人の演奏を右手を中心に見てみたところ、100%ではないですが、上手い人
の多くに共通する次の2点に気がつきました。

1. 弦を弾く時の指の角度が弦に対してやや斜めになっている。

クラシックの場合には拳頭のラインが弦に対してほぼ平行になり、指は弦
をほぼ垂直方向へ弾くのに対し、鉄弦の場合は拳頭が弦に対して斜めになり
弦を弾く時はこすり上げるような動きになってる感じです。

爪の形の問題もあるのかもしれませんが、自分がこれをやると、弦をこする
音が微妙に気になるんですよね・・・。

2. 小指の先をトップにつけて弾いている人が多い。

が、自分がこれを真似しようとすると、指が非常に窮屈なんですよね・・・。
小指は他の指より短いので、必然的に弦を弾く時はかなり指を曲げた状態
から指の第2関節だけを使って弾くような感じになります。
とてもじゃないですが力強いピッキングはできないし、アポヤンドなんて
全然できそうにありません。

正直なところ、もう独学の限界かな〜という気がしてきました。
YAMAHAの音楽教室にでも通おうかしら。


posted by みっつん at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 奏法研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無料体験レッスン荒らし
一度、無料体験レッスンとかを受けてみるといいかも。
それが価値あるかないか、一度受けてみないとわからないっすよね〜。
意外と独学でもあまり変わらないかも、って思うかもしれないし・・・。
挑戦あるのみ!
Posted by gezkaz at 2008年07月06日 09:36
実は
実は一度YAMAHA大人の音楽教室の無料レッスンは受けたんですよ。
その時はたまたま先生がクラシック寄りの人だったので、あまり参考にならず・・・。
他のレッスンも探してみようかな〜。
Posted by みっつん at 2008年07月06日 13:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。