2008年06月15日

ネイルアタック(その2)

昨日書いた通り、今は手元にギターがないので楽譜を眺めたり
Webでいろいろ調べながら悶々としております。

さて、ネイルアタックです。
自分も全然完璧ではないんですが、最近これかな?という感じを
つかみつつあります。
昨日も書きましたがネイルアタックには少なくとも2種類があります。
(細かく分けるともっとたくさんのバリエーションがあると思いますが)

(1) 1つはアクセントとして使う音程を伴わない所謂「ちゃ」。
(SPLASHや翼でメロディーの裏でずっと続いているアレです)
(2) もう1つは音程を伴うベースのチョッパーのような音を出す方法。
(HARD RAINのメロディーでストローク代わりに使われているのが
いい例ですかね)
これらの使い分けをどうしているのか、思いついたことがあった
ので書いておきます。

(1)の場合、指は第2関節を中心に動かして、爪の動きは爪の面に
対して垂直になる感じ。
デコピンした後、弦を弾くことなく叩くだけです。



(2)の場合、指は第2関節と指の付け根を中心に動かします。
すると爪の動きは爪の面に対して斜めになるので、弦を叩いた後
厳密にはただのデコピンでなく、弦を弾くことになります。



とこんな感じなんですが、どうでしょうね?
ヘタクソの思いつきなので、参考になるかどうか分かりませんが。


posted by みっつん at 09:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 奏法研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Unknown
はじめまして。

Noriyaさんの徹底研究からおじゃましています。今ネイルアタックを練習していて、押尾さん初めたくさん動画を見てるのですが、どうしても実音が出てしまい悩んでいる最中です。

R35さんのシェーマと解説、「デコピンした後、弦を弾くことなく叩くだけです。」を見て、なるほど!と思いました。

残念ながら、今は出先からアクセスしてるのですぐに試せませんが、帰ったら早速試してみたいと思います。
Posted by aldonet at 2009年06月21日 18:19
aldonetさん
はじめまして。私も aldonet さんのブログ拝見しておりました<img src=https://mittun36.up.seesaa.net/kao/m_0140.gif>
ネイルアタックは私も全然マスターできてないんですよね・・・。
ケースバイケースで叩いていい弦、悪い弦があって、まだそれを正確に
狙えない感じです。
お互い頑張りましょう〜
Posted by みっつん at 2009年06月21日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。