2011年05月18日

アクリルスカルプチャーを試してみる

前々からこのブログに書いているように、私は爪をグラスネイルで補強、というか作っています。
臭いがさほどキツくないというのと、爪にやさしいからというのがその理由ですが、意外と押尾弾きの友達の中にはアクリルのスカルプチャーを使っている方が多く、自分もちょっと興味があったので一度試してみることにしました。

どんなのがいいのか正直全くわからないのでw、YouTubeでの元気な押尾セッションでおなじみ、AvrilGo君に聞いたところ、「普通にドンキで買ってまーす」とのことw
ということで買ってきたのがコレ

2011-05-18set.jpg

3000円くらいのスカルプチャーセットです。

早速説明書にしたがって作ってみました。
途中はざっくりはしょって、いきなり完成の図ですw

2011-05-18nail.jpg

よく言われることですが、塗っている時はたしかにハンパなく臭い!!家族と一緒の部屋では絶対に施術できません。
でも、どこかで嗅いだ臭いだなーと思ったら、歯医者さんで金属を歯にかぶせるときに使っている接着剤の臭いでしたw きっと主成分は同じものなんでしょうね。
アレルギーが出る方が結構いるみたいですが、幸い自分の場合それはなかったようです。

スカルプチャーをつけてから3日ほどギターを弾いていますが、音はちょっと変わりましたね。個人的にはグラスネイルよりこっちの方が好みかもしれません。
グラスネイルはちょっと硬すぎる気がしてまして、そのせいか特に爪のエッジの処理を少しでもいい加減にすると、全然自分好みの音が出ないんです。
その点スカルプチャーは程よい硬さで、爪の管理にグラスネイルほど神経質にならなくていいかも。
ネイルアタックの音はグラスネイルの方が硬質な感じがしますが、アクリルはアクリルで悪くないというか、曲によってはこっちの方がマッチするでしょうね。

あと気になるとしたら、爪の持ちと、外すときの手間かなぁ・・・。
もう2週間ほど様子を見て、場合によってはスカルプチャーに完全に切り替えちゃってもいいかなーと思ってます。

posted by みっつん at 23:38| Comment(0) | ネイル関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。