2011年02月14日

風の詩プロジェクト完走!

「押尾コータロー徹底研究」でおなじみ、Noriyaさんの企画による「風の詩プロジェクト」が先程応募締め切り&プロジェクト完了となりました。

109人の翼にヒントを得て始まった「みんなで一斉に風の詩をYouTubeにアップしよう!」というこの企画。最初はどうなるかな〜と期待と不安の入り混じったものがありましたが。みなさんのアップされた動画を見るにつけ、なんかすごいことになったなーと。

今回の企画。本当に大成功だと思います。
なんか参加した方々のギター音楽への愛というか、押尾さんへの愛というか、なんかそんなものがわーっと押し寄せてきて、中には思わず涙してしまう動画もあったり・・・。

そんな素晴らしい企画をしてくださったNoriyaさんに改めて感謝するとともに、私自身参加できたことを本当に幸せに思います。


ところで私自身の動画ですが・・・、

風の詩は、このブログでも紹介しました通り、去年末に一度上げたばかりだったんですよね(^^;
もう一度同じ演奏をするのもなーと思い、自分なりにアレンジする方向で考えていたんですが、これだけ完成度の高い曲をいじるのは難しい〜。
思いついたのが、まず最初のメロディーを単音で弾いて、その後も繰り返されるAメロを全部違う弾き方にしようというのでした。で、Cメロ→Bメロと行った後に、ちょい足しの間奏でも入れようかな〜とか。
そんな方向性が固まったのが締め切り2週間前で、それから試行錯誤したものの結局タイムオーバーw 中途半端アレンジバージョンでのアップとなってしまいました。

そんなのですがよろしければどうぞ↓



posted by みっつん at 00:44| Comment(2) | 演奏動画・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

新システム!

いろいろお友達の音を聴かせてもらうにつけ、そろそろシステムを一新したいなーと思い始めたのが去年の暮れあたり。
それから情報を集めつつ、お金を貯めつつw、やっと実現しました!
じゃじゃん!

2011-02-11system1.jpg

それでは早速システムの詳細をご紹介〜

■システム構成

・プリアンプ D-TAR Solstice
・マルチエフェクター t.c. electronic G-Major
・ミキサー BEHLINGER XENYX802
・ラック SKB XRACK4 (4U)

プリアンプ以外は、全て新たに買いました。

最後まで悩んだのはやっぱりエフェクターでしたね…。マルチなら Lexicon MX200。あるいはバラでそろえて Degitech RV-7 あたりとコーラス関係をそろえるか・・・とか。
結局、アンフィニさんのところで使用しなくなった G-Major を試させて頂き、思わず即決してしまいました(笑)

ラックに関しては今のところ使用するのは3Uだけですが、今後のことを考え若干余裕をもった4Uに。(足すとしたらEQかコンプかな?) で、重量重視でSKBの樹脂製ラックにしました。
全体の体重測定をしたら、アダプターやらフタやら込み込みで10.8kg。これなら電車移動でもそんなに苦にはなりません。ただ裏蓋は結構華奢なので、移動中に蹴っ飛ばされたらちょっと怖いかも(^_^;

■各機器の接続

 プリアンプ(MIXアウト バランス) → ミキサーch1 (DRYチャンネル、モノラル)

 プリアンプ(MIXアウト アンバラ) → G-Major → ミキサーch3,4 (WETチャンネル、ステレオ)

 ミキサーSEND → ミキサーch2 (ミキサーEQによる、なんちゃってベースブーストチャンネル(笑))

 プリアンプ(コンタクトアウト) → ミキサーch5 (通常はボリューム0)

 プリアンプ(マグアウト) → ミキサーch6 (通常はボリューム0)

アンフィニさんのブログ記事を始め、いろんな方からアイデアをパクらせて頂きました。
D-TAR Solstice は出力端子が実に豊富で、これらをフルに活用しています。というか、そのくらいしかPM-200efに勝てるところないし(爆)
以前のシステムではプリアンプのSendからミキサーのDRYチャンネルに送っていました。が、D-TAR Solstice のSendはミュートボタンを押しても信号が切れず、プリのミュートボタンが意味をなさなくなってしまうんですね…。ということで、今回はバランスアウトを使っています。

ミキサーのch5,6はレコーディング用チャンネルで通常はボリューム0。逆にch5,6だけを出力すれば、マグとコンタクトを左右に振り分けた状態でシステムから出力できます。レコーディングする時、いちいち配線しなおさなくてすむのは便利です。

ch2はなんちゃってベースブーストチャンネルで、ドライ(ch1)のみをSendに送って、ch2に返しています。ch2のEQを下だけ持ち上げて上を切っているので、このチャンネルを上げると元の音の輪郭を損なわずにある程度下を持ち上げられるという。
この辺は将来的にはベースアンプシミュレーターなんかも組みこめられればいいな〜と。

ボリュームの調整は、基本的にはドライ10に対して、ウェットを3混ぜるくらいにツマミを固定して、後はG-Major側で全てプリセットしてます。
スティッカムで配信する場合には、このシステムからの出力を外部ミキサーに送り、そこでおしゃべり兼生音用ダイナミックマイク(SM57)と混ぜています。この場合マイクを足した分、ドライ(ch1)を削って、全体のバランスが合うようにしています。

2011-02-11system2.jpg

■ラックへの組み付け

まずは配線する長さに合わせて、何本かパッチケーブルを作成。

D-TAR Solstice は、底面に3つ穴が開いており、ここに5mmのタップを立ててラックトレイにネジ止めしました。
ゴムの台座はネジ止めの際に邪魔になるので取ってしまいました。

2011-02-11system3.jpg

ミキサーの方は簡単に引き出せたほうが便利かな〜ということで、ネジ止めじゃなくマジックテープ止めです。

2011-02-11system4.jpg

システム全体の出口はミキサーのMAIN OUTとなるのですが、このままだとケーブルを挿すのにせせこましいラック内に手を入れなければいけないので、こんなものを作りました。

2011-02-11system5.jpg

市販の汎用アルミケースにジャックを付けたターミナルボックスです。
このボックスにはジャックが3つあり、上から ステレオ, L, R となってます。なのでY字のステレオケーブル1本でPA卓まで送れるようになってます。さらばデュアルケーブル(笑)
ちなみにこの汎用アルミケースはタカチのMB-51 (80 x 25 x 100mm)。もう1U追加しても大丈夫なように、高さには余裕を持たせました。

ラックへの組み付けで一番悩んだのは電源周りでした。
「できればアダプタ類はシステムから離した方が音質面では有利」と教わっていたので、自由にラック外に出せた方がいいんですが、かといってアダプターを持ち歩いてイチイチ現地で接続するのも面倒・・・と。特にミキサーのアダプターは本体への差込みに不自由しそうなので。
全てを解決するには、

・移動時にはラック内にがっちり固定。
・使用時には簡単に取り外してラック外へ出せる。

という2つの条件を満たす必要があり、どうしようかと悩んでいました。
ラックの裏蓋に電源タップごとアダプタ類を固定すれば万事解決!と思ったものの、この裏蓋が意外と華奢なんですよね・・・。
せめて裏蓋をラックに固定するパーツが金属だったらよかったのですが、ここまで樹脂が使われているので耐久性の面でアウトと判断。
結局今回はラックトレイにアダプタを固定することにしました。

2011-02-11system6.jpg

ボチボチ音作りを始めていますが、いじれる場所がいろいろあり過ぎて難しい〜(爆)
エフェクターと格闘するだけで当分楽しめそうです。

posted by みっつん at 20:16| Comment(4) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。