2011年01月16日

私なりの動画撮影方法

押尾コータロー徹底研究でおなじみ、Noriyaさんが発起人となってスタートしております風の詩プロジェクト
みんなで風の詩の演奏動画を一斉にYouTubeにアップしよう!というこの企画ですが「動画をどう撮ったらいいんだろ?」という声もちらほら聞かれるようです。ちょうどいい機会ですので、いつも私が動画をどう撮っているのかご紹介してみます。

【機材】
 ・ギター (コンタクト、マグのデュアルピックアップ仕様。コンタクト、マグともにパッシブ)
 ・プリアンプ D-TAR Solstice
 ・オーディオI/F ZOOM H4
 ・USBマイク SAMSUN Go Mic
 ・Webカメラ ロジクール HD Pro Webcam C910

【ソフトウェア】
 ・Debut (フリーソフト)
 ・AviUtil (フリーソフト)
 ・Cubase4LE (ZOOM H4 バンドル)
 ・MovieOperator (フリーソフト)
 ・DivX (動画エンコーダー)

(1) 撮影&録音
各機材をこんな風に接続します。

2011-01-11-配線.png

D-TAR Solsticeは、コンタクトとマグのチャンネルを別々に出力できるので、これをオーディオI/Fの左右チャンネルに振り分けて、独立した状態でPCに入力します。

撮影&録音にはフリーソフトの Debut を使っています。
[File]→[Option] から、Options の Deviceタブでデバイスの選択ができますので、VideoにWebカメラを選択、AudioのSound DeviceはオーディオI/Fにします。
出力ファイルのフォーマットはこんな感じです。(拡張子の選択と "Encorder Options..." から行います)

 フォーマット:AVI
 映像コーデック: DivX (780kbps)
 音声コーデック: 無圧縮PCM (44100Hz, 16bit)

私は動画フォーマットにDivXを使ってますが、これはXDivでもH264でも無圧縮のAVIでも、お好きなものを使えばいいかと。ただ、この段階ではなるべく高画質寄りにパラメータを振ったほうがいいと思います。(後で再エンコかかるので)

ラインのみの録音の場合はここまででいいんですが、最近の動画ではマイクも混ぜているので、SAMSUN Go Micからの音声を Cubase4LE で録音しています。本来、3ch以上の出力があるオーディオI/Fを使って、マイク、コンタクト、マグを同期した状態で録音できるのがベストなんですが、現行の機材ではそれができないので、マイクの音声だけを後でDAW上で根性で同期してます(^_^;

Debutの録画ボタンとCubaseの録画ボタンをそれぞれ押して、録画&録音をスタート。納得行くまで弾きまくりますw

(2) 音声の分離
MovieOperator を使って、Debut で録画した動画から音声のみをwavファイルとして分離します。
音声の分離は AviUtil やその他いろんなフリーのツールで可能だと思います。

(3) マイク音源との同期
(2)で分離した音声に、Cubaseで別録りしていたマイク音源を Cubase上で同期させます。
かなり泥臭いやり方ですが、目一杯拡大表示して波形の先頭を合わせるだけ(爆)
こんな感じ↓

2011-01-16-DAW.png

ちなみにデジカメで撮った映像と、レコーダーで別録りした音声を同期させたいという方も多いようですが、同じように2つの音声の先頭を合わせて、DAWから出力時にレコーダーで録った音声以外をミュートすることでできると思います。DAWが無い場合は SoundEngine Free 等のツールで、同期させたいそれぞれのファイルを開いて、先頭位置の時間が合うようにするだけでもOKでしょう。どうせ100分の1秒単位で正確に同期させてもエンコードでズレたりしますからw

(4) 音声の編集
Cubase4LE上で、エフェクトかけたり各チャンネルのバランスをとったり、前後の音を消したりその他いろいろごちゃごちゃと処理をします。ここの詳細は今回の本題ではないので割愛しますが、一番時間かかるのはやっぱりここですねw
最終的に音声をwavファイルとしてミックスダウンします。

(5) 映像との結合と動画の切り出し
Debutで録画した動画を AviUtil で開いて、これに編集済みの音声を結合します。
AviUtilの[ファイル]→[音声読み込み]で、先ほど編集したWAVファイルを選択します。
実際にアップする部分だけを選択して、[ファイル]→[AVI出力] すれば出来上がりです。

最終的にYouTubeにアップするファイルの音声は無圧縮の wav にしています。
これで最もよい音質を得られるはず…と思いましたが、YouTube側のエンコードでかなり音質下がりますね。
今後は音質の追及が最優先課題かな〜。

次回はWebカメラのあれこれについて書いてみたいと思います。
これはこれでいろいろあるんですw

posted by みっつん at 07:45| Comment(5) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。