2010年04月27日

ピエゾピックアップ研究 (その9)

前回作ったものから各部を微調整しながらトライアンドエラーを繰り返して、ボツピックアップがまた10個近くできてしまいました(汗)

生音をそのまま再現するのは本当に難しい、と改めて思い知ったわけですが、今一番の壁となっているのは「きちんと締まりのある低域」を出すこと。アコギって実は結構低域が出ていて、生音に近いコンタクトPUを作る上には、高域の耳障りさを抑えることはもちろん、低域の再現性がそれ以上に重要な要素である気がします。

ピエゾ素子への入力側を緩めてやれば低域を出すことはできるんですが、減衰の悪いボヨヨンと締まりのない低音になってしまって、結果生音とは程遠いものになってしまうという。
どうやら根本的に素材を見直さなければ、これ以上の進展は無さそうな雰囲気です。

ところでコンタクトPUを作るときに、貼り位置との兼ね合いをどうするかというのも結構難しいものがありますね。いろいろやってきて、経験則としてセオリーはこうかな?と思ったのは、

(1) リファレンスとするPUを作っておいて、いくつかの貼り位置で試す。
(2) その中から各弦をバランスよく拾えて、入力が過大にならず、適度なアタックとサステインが得られる位置を探す。
(3) 位置を決めた上で最初にリファレンスとしたPUから相対的に調整したものを作製。
(4) PUを作ってから更に位置を微調整する。
(5) 以下、(3)(4)を繰り返しつつ、場合によっては(1)に戻る(爆)

という感じなのかなーと。要するに位置を先に決めるベシということです。
ということで、現在の構造と素材でできる範囲でのベストがコレ。
結局、見かけは某有名PUのコピーといっていい状態になってしまいました(汗)

2010-04-27-pickup.jpg

さすがに数え切れないほど作ってきたので、最初のころに比べれば仕上がりも綺麗になってきました。
今回はちゃんとしたRCAプラグも付いています(爆) というのも、1個200円と言えど数がかさむと馬鹿にならないので、いつもは1個60円の安物プラグを使いまわしてボツとなったものはそのまま、本気貼りする時だけ、まともなプラグに付け替えているのです。

コンタクトを接続する汎用ケースもエンドピンジャックと一体になるよう加工しました。

2010-04-27-endpin.jpg

加工自体は難しくないんですが、エンドピンジャックを汎用ケースに固定するナットを捜すのにエライ苦労しました(笑) ちなみにこの手のナットはホームセンターなんかより秋葉に行ったほうが見つかりやすいですよ。

そんなこんなでよそ様から頂いた知恵を最大限に活用してできたサウンド。毎度毎度演奏がグダグダなのはスルーの方向で(笑)



NEO- Dを3割くらい混ぜてこんな感じ



前回同様生音と比較してみましょう。



完全に同じとは到底言えませんが、まあこんなもんかなー。
思えば4ヶ月ほど前、最初は「自分で作れたら安上がり?」とか、ドケチ根性からスタートしたピックアップ作りですが、ピックアップ作りそのものに対する面白さにハマってしまい、気が付けばアンフィニPUが余裕で買えるくらいお金を注ぎ込んでいたり・・・。苦労はしましたが、その過程でいろんなことを学べました。

というわけで第二次PU製作プロジェクトはこれにて終了。
第三次プロジェクトは、また新しいギターを買った時ですかね!(爆)

posted by みっつん at 22:28| Comment(13) | 自作ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

モニターヘッドフォン購入

2010-04-25-SRH840-2.jpg

モニター用ヘッドフォンとしてShureのフラッグシップモデルとなっているSRH840を買いました。

今までエフェクターのセッティング調整やら、自作ピックアップのテストやらをするのに、音の出口としてベリンガーのモニタースピーカ MS20 を使っていたのですが、どうもこれを使い続けることに限界を感じてしまったのです。自分の耳のせいなのかなんなのか、エフェクターのセッティングを細かく変えても違いが聞き取れなかったり、ピックアップの設定を変更してもどれも大差なく聞こえてしまったり・・・。

できれば良質のモニタースピーカーを買いたいところではあるのですが、まぁこれが結構高い(笑) ヘッドフォンならば一応リスニングにも使えるし(近所迷惑なので夜にスピーカーは鳴らせないのです)、録音したもののミックスにもヘッドホンは必要なので用途の幅が広いかなと。モニタースピーカーは先立つものができたときにまたいずれ。

さあヘッドフォンを買うぞとなったときに、モニターヘッドフォンの定番中の定番、SONY MDR-CD900ST も選択肢の一つでしたが、あえてちょっとお高めのSRH840にした最大の要因がコレ。

2010-04-25-SRH840-1.jpg

ケーブルを脱着可能なので、交換が簡単!!

ケーブル内の断線って結構よくあることで、いちいちバラさないとケーブル交換できないってのはちとツラいです。おまけに交換用のイヤーパッドが初めから一組付いているというのも良心的だし。「MDR-CD900ST に変わる新定番となるか?」みたいな情報もあるし、とりあえず買って失敗することはなさそうかなと。

で、肝心の音の方はというと・・・信頼できるリファレンスが無いので、ぶっちゃけモニターとしてどうなのかは分かりません(爆) (聞き比べができないって意味で)
ただMS20で聞き分けられなかった違いがはっきりと分かるので、少なくとも買った意味はありますね。ピックアップ作りに関してもリファレンスとするサンプルとの違いをちゃんと再生してくれるので信頼できる情報源となります。

今後 MS20 はハウリングのテストに使うだけになるかなぁ(^^;

posted by みっつん at 18:39| Comment(0) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

Tension (その1)

3日ほど前から Tension の練習を始めました。
今までこの曲はやりたいなと思いつつ「すげー難しそう」っていう先入観が先に立って、二の足を踏んでいたのです。それが So Happy! のDVDに収録されているライブの映像を改めて見てシビれてしまい(死語)、練習を開始したのでした。

ベースラインで、前の小節に16分音符食い込むところがちょいちょいあって、これがあるがためにイントロからかなり難しいなと最初思ったんですけど、その後は特に左手的に難しいところも無く意外とすんなり行けてしまったかも。
まだ最初から最後まで淀みなく弾けるところまでは達していませんが、もうちょっと弾き込んだらレパートリーに加えられそうな感じです。

ところで、STARTING POINT のスコアは既に持っていたので、今回もスコアを見つつ音源を聴きつつで練習してたら、なんかスコアの通りに弾くと「あれ?」っていう箇所がちょいちょい・・・。っていうかいきなりイントロから違うような気が。

Tension イントロ
(以降3小節、ルート音を移動して同じパターン)

こんな感じじゃないですかね? (もしかしたら3,4拍目は3弦開放かも)
4弦にxと打っている箇所はミュートというか前の音を切るのがミソです。

まあそれはさておき、Tension はやはり名曲だ!!
今まで回避してきたのがもったいなかったです(笑)
posted by みっつん at 10:17| Comment(6) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

ピエゾピックアップ研究 (その8)

前回の記事にのせたものから、上部を固める素材を樹脂に変えてしばらく使っていたのですが、それを使って Stickam でライブした時に取り付け時と全然音が変わってしまっていることに気がつきました。

なんか中低域が出過ぎで音がこもり気味になるわ、もともと3弦開放がウルフトーン気味だったのがさらに強調されるわでそりゃ酷い状態。
上部を固めるのに使っていた樹脂はどうやら完全に固まるのに2日くらいかかるようで、完全に固まる前に音を確認して「ま、こんなもんか」と判断したのが、その後音が変わってしまったと。


というわけで、また新しいものを作りました。
今回は取り付け前に念のため丸3日間寝かせてあります(笑)

2010-04-03-pickup.jpg

樹脂で固めた結果なぜか中低域が出過ぎてしまったので、今回はちょっと中低域を抑えめに、高域をシャッキリさせる方向でさじ加減を微妙に変えたものを3タイプ作って、音を出してみて一番合うものを選ぶことにしました。

あ、今回からケーブルをモガミのNEGLEX2520に変更しています。

2010-04-03-mogami2520.jpg

残念ながらマイクロフォニック対策はされていません。というか実は前回まで使っていた2330も対策されていませんでした(爆)
3mm以下の太さの1芯シールドで市販されているものでは、どうやらマイクロフォニック対策されているものはないようです・・・。なのでどうせならより細く柔らかく扱いやすいものを選んだほうがいいだろうと。一応市販されているコンタクトPUで2520を採用しているものもあるようです。

はい、それでは問題のサウンドの方ですが、結果こんな感じです。



ちなみに生音をマイク録りしたものはこんな感じで



ピックアップの音だけを聞くと悪くはないのですが、やはり生音には程遠いです。中域を削りすぎた感があるので、次回はもうちょっと微調整したものを試してみます。
要研究ですなー。
posted by みっつん at 11:49| Comment(4) | 自作ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。