2009年01月31日

答え合わせ

不完全ながらも一応ステレオ出力に成功した Rare Earth Blend。

なんと、配線の仕方について問い合わせのメールをしてから10日以上も
経った今になって、FISHMANから回答が返ってきました。

回答によると、線を付け足すべきだった場所は写真の赤丸の位置とのこと。



なるほど考えてみたら、他の出力用ケーブルと同じく、線を付けるべき
端子はまとまった位置にあってしかるべきでした。
今回のマイナーチェンジでは、基盤は大きく変わらず単純にマイク出力の
線が省かれていたようです。

ということで、指示の通りに早速線を付ける場所を変えてみました。
プリアンプを通った後の信号が出てくるので、以前より音が大きくなってます。
これで後はケーブルをシールドできればなおいいんですが・・・、まぁ
とりあえずはこのままでいいかな。
その内ニコピンを仕入れて、ニコアースも試してみたいです。
posted by みっつん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

ブラックモンスター (その4)

相変わらず練習の続いているこの曲。
昨日はヘッドホンでCDの音源を聞きながら、それに合わせて練習しました。
テンポ感を体に染み付けると共に、実は弾けてないところとかが良く分かるので、
他の曲でも大体弾けるようになったかな〜という頃に、いつもやっているのです。

以前SPLASHや翼でこれをやった時は、音源の速さに全然ついていけなかったりも
したのですが(笑)、その点に関しては今回は問題無し。
が!!曲の出だしからいきなり決定的に違うことに気がつきました。

それはずばり「シャッフルのリズム」

音源の方は、聞いてるだけで体が動き出しそうなくらい跳ねまくっているのに、
私のリズムのなんとモッサリしていることか
コータロー本人のリズムがスキップだとしたら、私のリズムはまるでうさぎ跳び
のようだと言ってもいいくらい(笑)

と、そのリズムを意識しながら弾きはじめたら、これが難しい!!
Aメロの出だし、2,3弦のユニゾンで A→C→D と行くところだけでも、すばやく
カキカキっとポジションを移動しないと、あの「跳ねてる感」は出せません。
っていうか、このシャッフルのリズムがこの曲の生命線なのかなーと。


押尾コータローの曲を練習しはじめて、ちょっと弾けるようになったかな?って頃
に本人の演奏を聞くと、改めて氏の本当のすごさっていうか、プロのプロたる所以
を思い知らされるような気がします。

ぱっと見、パームやネイルアタック、タッピングハーモニクスといった特殊奏法に
目を奪われがちですが、素人との一番の違いは1音1音の表現力とか、そういうもっと
基本的なところにあるんだろうな〜と。

少しでも近づけるようになりたいものです!
posted by みっつん at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

Rare Earth Blend ステレオ化(一応成功)

いきなり頓挫してしまった Rare Earth Blend のステレオ化。
独立したマイク出力の線が無いと、メーカーサポートに問い合わせた
ところ、帰ってきた返事は

「新しい製品は、マイクとピックアップの線が分かれていません。
 あなたの持っている製品はそれである可能性があります。
 その場合、ステレオ化できる唯一の方法は、誰かに別の信号線を
 追加してもらってマイクとピックアップの信号を分けることです。」

翻訳はちょっといい加減ですが、大体こんな感じ。
っていうか「誰か」って誰よ?

英語でのやり取りになるので、その後 gezkaz さんに多大な協力を頂き
(というか、ほぼ全部文章を書いて頂いたのですが)、旧型の製品と交換
してもらえないか、約2週間に渡って交渉しておりました。

結局埒が明かず、それならそれで、マイクの独立した信号線を追加する方法
を教えて欲しいと書いたところナシのつぶて・・・。
勝手に仕様変更した上、マニュアルの記述を変えず、サポートもしないって
どういうことかと!

返品するという選択肢もあり、どうしようか考えた挙句、自力で線を追加
することにトライしてみました。


想像するに、マイクとピックアップのブレンド率を変えているホイールが
可変抵抗となっているはずなので、可変抵抗に入力している、マイク側の
端子に線を付ければいいだろうと。

ケースを開けてみると写真のような状態で、



ブレンド率を変えるホイールの真下にある、大きめの接点のどちらかだろう
と思っていたのですが・・・、これがどうもどちらでもない。
分からないので、ちょっと妥協して基盤に付いているマイクの線の接点と
同じところにくっつけました↓



ケースに穴を開けて、線の出口を作っています。

H4に繋げてテストしてみたところ、一応ステレオの右にマイクが、左に
ピックアップが入るようにはなりました。
が、プリアンプを通った信号を取れなかったので、マイクの音は若干小さいです。
とりあえずは、H4へ入力するときのゲイン調整でごまかそうかなと。
あと、付け足した線はシールドしてないので、当然ながらノイズにかなり
弱いと思われます。

ギターのエンドピンジャックの穴あけもしました。



素人工作としてはまあまあかな?
バナナムーンのHPに出ている穴あけの方法が非常に参考になりました。感謝!
posted by みっつん at 14:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

いきなり問題発生

Rare Earth Blend のステレオ化にとりかかりました。
がここでいきなり問題発生
下の説明書によると、黒のマイク信号の配線を変えるべしとあるのですが・・・



いくらさがしてもそんなのありません



あるのは赤、白、シールドだけ。
説明書のもうちょっと前の方には、赤、白、黒だけでなく、使われていない
青や緑、黄色の線もあるというのですが、それも無し!

とりあえずメーカーのサポートページから拙い英語で質問を投げてみましたが、
一体どうなることやら・・・。
仕様変更されて今はステレオ出力できません、なんてことになったら泣くに
泣けませんが、そこはアメリカの製品なので十二分にありえそうで怖いです
posted by みっつん at 20:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

Rare Earth Blend



あれこれ考えた挙句買ってしまいました。Rare Earth Blendです。
ハムバッキングタイプのマグネチックピックアップと、コンデンサマイクから
の入力をこれ一つで取れる上にプリアンプ内臓なので、コストパフォーマンス
は非常にいい製品なんじゃないかなと思います。

とりあえずケーブルはサウンドホールから垂らした状態で仮付けして動作確認
だけしました。



バランスを完全にマグ側に振った状態、完全にマイク側に振った状態、中立の
3種類でちょこっとだけ SPLASH を録音して試してみました。
直感的にはマグ3:マイク7くらいの割合が良さそうかな。
ま、何の曲をやるかにもよりますが。

ところでこの Rare Earth Blend、工場出荷の状態だとマグとマイクがブレンド
された状態でモノラル出力されるようになっていますが、説明書にはマグとマイク
を独立してステレオ出力する方法が書かれています。



この方法でマグとマイクの出力をバラで録音しておけば、DAWでそれぞれ独立して
イコライジングしたりエフェクトかけたり、聞きながらバランスを調節すること
ができるので嬉しいですね。

ボディのエンドピンの穴開け、ステレオ化、マイク位置の調整といろいろやること
はあるものの、これから先ちょっと忙しくなるので少しずつやっていきますかね。
まずはブラックモンスターの録音(録画かな?)が目標です。
posted by みっつん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

ZOOM H4n



ZOOM H4 のマイナーチェンジ版が出るみたいです。

Samson delivering Zoom H4n handheld recording device at CES

画面が大きく見やすくなってますね。
個人的には外部入力と内臓マイクの同時録音ができればいいな〜と。
ピックアップからの入力と、マイクの同時録音がこれ1台でできれば、
押尾サウンドを目指す宅録派には嬉しいですよね。
でもたぶんダメなんだろうなぁ〜。
posted by みっつん at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 機器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

ブラックモンスター (その3)

去年から練習しているブラックモンスター。

途中「黄昏」や「Destiny」に寄り道しつつも、なんとかそれらしくなってはきました。
ただやはりサビ2〜3小節目の B♭maj7 → Am → Gm7(11) と進行するところの
Am → Gm7(11) の繋ぎがどうも怪しいです・・・。
3小節目の頭拍でルート音からメロディーまで全ての弦がバーンと出ることは
5回に1回くらいしかありません。
頭だけはルート音を捨てて、1〜4弦だけに集中したりすれば、できないことも
ないのですが・・・練習あるのみですかねぇ。

ところで、そろそろブラックモンスターも録音(録画)してみたいし、記録せず
に放置されている SPLASH も一度録っておきたいしで、本気でピックアップの
購入を考え始めています。

押尾コピーをしている人には NEO-D (or S2)&ニコピンっていう組み合わせが
手堅く人気があるようですね。
が、これだとプリアンプも含めて7万円コースなので、ただ録音したいだけの
私にとっては現実的でない・・・となると、やっぱり M1 か Rare Earth Blend かな〜。

今はかなりの円高なので、Rare Earth Blend をアメリカの通販サイトで買うと
送料別で28,000円くらいで済むんですよね。
と思ってamazonで注文しようとしたら、Fishmanの製品は海外に発送できない
みたい・・・残念。
うーん、どうしよう。
posted by みっつん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

今年の目標とか

あけましておめでとうございます
新しい年の始まりにあたり、私も今年の目標というか抱負など書いてみよう
かなと思います。

まず第一にギターをやめないこと。
私には30を過ぎてから始めた趣味がいくつかあるのですが、どれも3年持って
いないという・・・
どちらかといえば飽きっぽい性格ではないと思うんですけどね・・・。
とにかくギターだけは一生の趣味にするつもりで、焦らずマイペースで長く
楽しんで行きたいなと。

それから押尾コピーも継続してやってはいくのですが、今年はできれば1曲
オリジナルの曲を書いてみたいな〜と。
どちらかと言えばこっちの方が大きいですね。

それでは、今年もよろしくお願いします!
posted by みっつん at 00:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。