2008年12月30日

万国共通語

昨日から姉が旦那さんを連れて里帰りしています。
この旦那さんが実はイギリス人でして、当然ながらコミュニケーションを取る
時はカタコトの英語とカタコトの日本語の応酬に(笑)

ただし!今回はちとばかり違うことがあります。
そう、この旦那さんもギタリストで尚且つパンクバンドでオリジナルの曲を
やってらっしゃるという。
これは身内セッションするっきゃないということで、旦那さんのオリジナル曲
を1ヶ月ほど前に仕入れて、コードだけ耳コピっておいたのです。

というわけで今日はアコギセッションとなりました。
私はコードをバスドラ奏法&ボディヒットを入れつつパーカッション風味。
旦那さんはリフを交えつつストローク&ボーカル。
ソロギターもいいですが、人と合わせるのもやはり音楽の醍醐味の一つですね!

おそらく今回が今年最後の更新となるでしょう。
それでは皆さん良いお年を!
posted by みっつん at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

後退してきたな・・・

といっても頭髪の話ではありません。
もっともそっちの方もちょっとピンチではあるんですが、今回は
左手の爪の話です。

ギターを弾く人ならおそらく皆、左手の爪はちょっと深爪気味に
切り込んでいると思います。
もちろん私もそうなんですが、どうも最近爪の白い部分が後退して
きたというか、指に貼り付いている部分が小さくなってきた気が
するんです。

こちら左右の人差し指を比較したもの。


こちらは中指


左手のフォームをちょっと変えてみたからなのか、それとも単に
爪を切れば切るほど後退していくのか??
どこまで行くんでしょうかね(笑)
posted by みっつん at 22:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

ブラックモンスター (その2)

とりあえず頭から終わりまで暗譜だけは完了。
目下の難所は、

・Aパート(4弦が鳴りすぎてメロディーが埋もれる)
・サビの中指セーハから人差し指のセーハに切り替わるところ。(コード忘れた)
・間奏の中ほどにあるタッピングパート

といったところですかね。

しかし、自分で弾いてみて改めて痛感したのは、コータローさんはああいう風に
一見ジャカジャカやっているように見えて、実際パームしながらも正確に狙った
弦を右手指が捕らえているんだな〜ということ。
やっぱりすごいっす・・・。

アップストロークに関しては、ある程度のところまで狙った弦だけを弾けるよう
になりつつありますが、ダウンストロークがまだ全然です。
1〜3弦だけを弾かないといけないのに、4弦が派手になっていたり・・・。

まぁ、まだ難しいことは難しいのですが、とりあえず弾いていて気持ちよくなる
瞬間も徐々に増えているので、楽しくなってきた感じです。
posted by みっつん at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

期せずして記録の効果を知る

とある楽曲のファイルを探すためにHDDの中を漁っていたら、ふと以前 ZOOM H4 を
買ったときに録音のサンプルとしてアップした
ファイルを見つけました。

風の詩、SPLASH、戦メリの一部。
何気なく聞いてみてひっくり返りました(笑)

・・・・あ・・・あまりにヘタクソ過ぎるΣ( ̄□ ̄;;;

サンプルとは言え、よく臆面もなくこんなものを晒していたなと。
思わず顔から火が出そうな勢いですよ。あー恥ずかしい・・・。

それと同時に思ったのは、今 MySound やら、YouTubeやらにアップしているものを、
いずれ時間が経った時に聞いたらどうなるのかな?ということ。

ぶっちゃけ、この間上げた翼なんかは、まあ上手いなんて毛頭思ってはいないものの
全然ダメって訳でもないかな?なんて、心のどこかでは思ってるんですよ(笑)
しかしいずれは今回感じたのと同じように「よくこんなもの上げたな(笑)」と思う
ようになるんでしょうね。

っていうか、過去の自分がヘタクソだったと思えることは、今の自分はそれより成長
している証なわけで、むしろ恥ずかしいと思えるようになるべきなのかなと。
posted by みっつん at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

ブラックモンスター (その1)

今週に入ってから新たにブラックモンスターの練習を始めました。
Purple Highway、オアシスその他もろもろ、半端な状態で放置されているのに、
なんでブラックモンスターかというと・・・戦メリとチューニングが同じだから(笑)

ここらでいい加減、戦メリを完成させたい!!と思いつつも、そればっかりやっている
のも辛いものがあるので、同時に何かやりたいなと。
同じ DADGAC なブラックモンスターもとてもすきな曲なので、この機会に一度にモノに
してしまおう!!という企画。

しかしいかんせん難しい〜!!
2日かかってまだイントロもまともに弾けていません。
パームストロークはある程度習得したつもりだったのですが、あくまで「つもり」だった
ようです。
戦メリとブラックモンスター。根気よく取り組んでいく所存であります。
posted by みっつん at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

翼 (とりあえずアップ)

ここ数週間格闘していた翼とSPLASH。
SPLASHはまだまだという感じですが、とりあえず翼はミスりながらも
なんとか破綻することなく弾ききれたのでアップしてみます。



うーん。間奏ダメダメです。ラスゲアートも微妙なところあり。
ところどころリズムを外してるし。

アドバイス大歓迎ですので、是非よろしくお願いいたします
posted by みっつん at 21:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 演奏動画・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

さだまさし35周年記念コンサート

さだまさし35周年記念コンサート(於NHKホール)に母親の付き添いとして
行ってきました。

と、いかにも「自分はさだまさしなんか興味ないんだもんね」みたいな書き方
をしてみましたが、嘘です。今回は半分以上私の興味です(笑)
子供の頃、身内の影響でさだまさしを聞き始め、中学を卒業する頃には離れて
しまいましたが、今でも当時の弾き語り全曲集は家に残っていますし、ギター
で最初に弾き語りをした曲もさだまさしでした。

3ヶ月ほど前、たまたまテレビでさだまさしの特番を見たときに「やっぱり老けたな」
という思いと共に「こりゃいつまでステージに立っていられるかも分かったもの
ではないので、今のうちに一度見ておかねば」ということで、今でもさだまさし
のファンである母親への親孝行も兼ねて、見に行くことにしたのです。

率直な感想としては、やはり行ってよかったなと思います。
歌もトークも円熟の域に入っているというか、完成された芸を見ている感じ。
ちなみにさだまさしのコンサートはトーク(というか漫談)もウリの一つになって
いまして、ある落語家が新米弟子に「さだまさしのコンサートに行って勉強して
こい」と言ったという話もあるくらい。
観客の年齢層といい、綾小路きみまろと近いものがありますが、噺家としても
さだまさしの方が上なのではないか、とふと思ってしまいましたね。

ちなみにさだまさしはアコギにピックアップを入れておらず、PAはマイクのみ
というスタイルを貫いていて、それがむしろ新鮮でした。

以下、今回のセットリスト。

■1部
長崎小夜曲
絵はがき坂
指定券
最終案内
フェリー埠頭
−トーク1−
殺風景
春雷
−トーク2−
フレディもしくは三教街

■2部
北の国からメドレー
案山子
−トーク3−
献灯会
秋桜
関白宣言
−トーク4−
天然色の化石
防人の詩
−トーク5−
まほろば
修二会

■アンコール
風に立つライオン
posted by みっつん at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 見た聞いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。