2008年11月11日

パームストローク (その2)

パームストローク強化週間が延長されております。

前回までは Big Blue Ocean に取り組んでいましたが一旦保留。
Purple Highway に切り替えました(笑)
BBOは16ビートの頭拍だけにパームが入るし、ストロークのテンポも速いので、
今の自分にはちょっと難易度が高かったようです・・・。

で、Purple Highway。
イントロ〜サビまでは、意外とすんなりこなせました。
運指も難しくないので、これはパームストローク練習には最適・・・と思っていた
のもつかの間。間奏が難しい!!
あくまで今のテーマはパームストローク習得なので、間奏はペンディングとして(笑)
ひたすらサビまでを繰り返し繰り返し。

こと8ビートのパームストロークに限っては、大分形になってきた感じです。
やっぱり手首の捻り、というか、ストロークを主体にしてパームを入れていくという
考え方がポイントっぽいですね。
この辺は一度まとめて書いてみたいと思います。
posted by みっつん at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 奏法研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

パームストローク (その1)

先週末に Big Blue Ocean に取り組んで玉砕して以来、今週はずっとパームストローク
のことを考えております。
これができるかどうかで、弾ける曲も大幅に変わってくるし、その中にはやっぱりいつか
は弾けるようになりたいという曲もたくさんあるので。
というわけで、ヒマさえあればコータローさんの動画をコマ送りで、それこそモニターに
穴が開くのではないかというくらいギロギロ見ていたら、ちょっと分かってきたかも?

まずセットポジション(笑)



今まで自分は手の甲とボディーのトップがほぼ平行くらいになっていました。
が、本物は掌が自分の方を向くくらいにまで、ぐっと手首を捻ってますね。

次にダウンストロークの直後



ここは自分もほぼ変わりなし。指先は完全に伸ばしきることはほとんどないようです。
ダウンストロークは中指と薬指でほとんどやっているように見えます。

次はアップストロークの直前〜アップストローク中



何度も何度も見返してようやく気が付いた最大のポイントがここでした。
っていうかなんで気が付かなかったんだろ(笑)
コータローさんのパームストロークは角度によってアップダウンが往復運動じゃなく、
なんとなく円を描いているように見えることがあり、それが何故かずっと分からな
かったんですよね・・・。
で、今回気が付いたのは指先の軌跡。

ダウンストロークはほとんど弦と垂直に弾き下ろしているのに対し、アップストローク
は下ろしたところより少しネック寄りから弦に対して斜めに戻ってくるような感じ。
アップストロークしつつ、手首を返して元の位置に戻ってくると。
つまり指先はちょっと楕円を描くような感じになっているのでは、と。
ちなみにアップは人差し指と中指でやっているように見えます。

早速それを意識して練習開始・・・。あ、なんか全体的に動きが滑らかになるかも?!?!
もうちょっと練習して動きが身についてきたら、パームストロークに焦点を絞って
動画でもアップしてみようかな?
今週はパームストローク強化週間です(笑)
posted by みっつん at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 奏法研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

押尾節?

ブログの更新が休み明けに偏っている今日この頃・・・。
この3連休は課題にしている SPLASH、翼の練習もしつつ、また新しい曲に手をつけて
いたりします。
選んだのは同じく DADGAD で「Big Blue Ocean」「あの夏の白い雲」です。

・Big Blue Ocean
この曲は翼でちょっとハマっているパームストロークの練習のためにと思い、始めてみました。
運指はそれほど難しくもないんですが、やっぱり肝心のパームが・・・(泣)
多分コツとしてはドアノブを捻るように手首を捻りつつ、imaでストローク、親指の付け根で
パームというところなのでしょう。と、頭でわかっているつもりなのに、これがなかなか
動きが身につきません。
うーむ、練習あるのみか・・・。

・あの夏の白い雲
これは意外というか、2日くらいで8割方弾けるようになってしまいました。
まだ完全に暗譜しきれていないところがあるので、それさえできれば多分通しで淀みなく
弾けるくらいになるのでは。
この曲を練習していて思ったのは、今まで SPLASH や翼、Passion なんかを練習してきた
中でついた手癖がそのまま使える部分がかなり多いということ。

例えばこんな感じで



譜例1は、2拍目、3拍目でシンコペーションが構成されているパターン。
譜例2は、1拍目、2拍目でシンコペーションが構成されているパターンですが、ポイントは
1拍目の表はダウンストロークもしくは、pimaそれぞれの指での発音し、2拍目移行は、
拍の表でネイルアタック、拍の裏でアップストロークもしくはp指のベース音が入っている
ところで、どちらも押尾コータローのストローク系の曲にかなり頻繁に出てくるパターンです。
これを手癖として持っていたので、あの夏の白い雲もすんなり弾けるようになったのかなと。

で、これが弾き語りの伴奏に応用したりしてもなかなかいい感じなんですね。
ネットでコード譜だけ落として、なんとなくコード進行に沿ってこのパターンで弾いてみた
ところ「おお!なんか押尾っぽい?!」みたいな(爆)
今まではピックでアップとダウンを繰り返すことしか知らなかったので、それと比べると
かなりレベルアップした気分です(笑)
posted by みっつん at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。