2015年09月09日

ギターレッスン #2

2回目のレッスンに行ってきました。
今回習ったことといえば、

・マイナーキーでのT、D、SDの各コード
・ハーモニックマイナーでのVのコード変化
・Aハーモニックマイナーでのツーファイブワン(Um7-5→X7→Tm7)のコード進行とパッシングディミニッシュのパターン

と知識的な話はそこそこに、いきなりBm7-5→E7→Am7のコード進行を先生が弾くので、それに乗せてアドリブしろと。しかもE7→Am7の解決を意識するようにって…。
いや…、そのやり方を習いにきてるはずなのにいきなり弾けってどういう?(笑)
当然そんなスラスラと弾けるわけもなく、音を探り探りでほぼ弾けなかったところで、E7→Am7のとこだけ抜き出してテンポを無視してドミナントモーションだけを意識した練習となりました。

で、次回までにツーファイブワンでアドリブできるように練習しとけって、なんてスパルタ(泣)
頑張ります。
【関連する記事】
posted by みっつん at 21:59| Comment(2) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

ギターレッスン #1

もう先週の話になってしまいますが、初回のレッスンを受けてきました。
まずは現在の状態を先生との間で共有しないといけないので、コードフォームをどこまで知っているか、指板と音名の関係をどこまで把握してるか、等を試され、それから本格的な講義へ。

前回の体験レッスンの時に、ソロギターで即興のアレンジ、作曲ができるようになることが今の目標であることは伝えており、そのためにはやはり理論を知っておくべきとのことで、予告通り今回はコード理論のイロハから入りました。

以下、今回学んだこと

・7つのダイアトニックコード
・トニック(T)、サブドミナント(SD)、ドミナント(D)の持つ性質とその理由
・7thコード、ディミニッシュコードを絡めたトライトーンの意味
・ドミナントモーション
・dimを経由するドミナントモーション
・演習1 8小節のコード進行の作成
・演習2 それを使った即興演奏

最後はかなり無茶ぶりでした。
おそらくこれが次回への導入になるのかなと。

なんとなく今回のレッスンを受けて思ったのは、今後自分の目標にたどり着くのに真っ先に必要になるのは

・指板のどの場所でどの音が鳴るのかを機械的に把握しておくこと。
・各ポジションでのコードフォームを機械的に把握しておくこと。

なのかなーと。とりあえず今は機械的っていうのがポイント。
思えばギターを始めた頃、A♭というコードをどう押さえるのかというのは「Fのフォームでルートが全音半ちがうから4フレットセーハで…」と考えればできる状態だったのが、今では身体に染み付いてすっと押さえられたりする。
なので「ちょっと考えればできる」状態を作っておいて、そこからそれを自然にできるように練習して行くのが近道なのではないかと思ったのでした。
posted by みっつん at 12:12| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

ギター教室に通います!

約2年ぶりの更新となります。
もはや見ている人いないんじゃないんだろうか(笑)

表題の通り、今月からギター教室に通うことになりました。
マンツーマンの指導で、月2回60分ずつ。

ここ2,3年、もうコピーだけじゃつまらないなーと感じながら
その壁を打破していくのにどうすればいいかが分からず、
日々だらだらとギターを弾いてきました。

しかしこのままでは何も変わらないだろう、と。
自分が目指すのは体の一部のようにギターを扱って、思い描いた
音を自由に奏でられること!
「押尾コータローの曲を弾けます」でなく、胸を張って
「ギターを弾けます」と言えるようになることです。

長い道のりになるでしょうが、これからが楽しみです。

posted by みっつん at 14:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

【ネタバレ注意】KOTARO PARK Vol.9 吉祥寺ロックジョイントGB

行ってきました KOTARO PARK Vol.9!
今回はどの会場も小さめの箱で、その分数をこなすみたいですね。

今日はその初日。吉祥寺ロックジョイントGBです。
ということでそろそろネタバレ改行。見たくない人はここまででお引き取り下さい(笑)

















































このくらいでいいかな?

もういきなりセットリスト(笑)

1.木もれ陽
2.ライムライト
3.第三の男
4.ニューシネマパラダイス
5.黄昏
6.リベルタンゴ
7.in the morning

-- 抽選会 --

8.Brand New Wings
9.潮騒のメモリー (笑)
10.Dancin' コオロギ
  〜メンバー紹介
   ウルトラマン
   ゲゲゲの鬼太郎
11.Snappy
12.雨上がり
13.翼

-- アンコール
14.ボレロ
15.ずっと

どうですか!このセットリスト!!
なんとインディーズから6曲。木もれ陽、ボレロ、ダンコロ含めれば9曲!
ブランニュー、Snappy、雨上がり以外は全て初期の曲という。
リベタンよかったなぁ。めちゃめちゃカッコ良かったです。
今まで曲の長さからどうしても耳コピを回避してましたが、これは是非ともやらねば。
ニューシネマもよかった…、潮騒のメモリーも(笑)

なんでも今回は昔お世話になったライブハウスを回るとのことで、セットリストもその頃に弾いてたものを集めたそうです。
ちなみにロックジョイントGBは初めてだと(笑) 同じオーナーの別のライブハウスでやっていたそうです。

それにしても今回は音が良かったなぁ。
ここ1,2年で一番よかったと思います。

最近ホールライブでは低域出過ぎで、ちょっとこれはなぁ…と思っていました。
これが続くようならもうKOTAPAも退会しようと思っていたところに、
思い切り後ろ髪つかまれた感じです(笑)



posted by みっつん at 00:20| Comment(6) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

nanairo研究

nanairo は元々はラジオ番組「押尾コータローの押しても弾いても」の中の1企画である「ギター教えタロー」の中から練習曲として誕生したものですが、これがきちんと曲として完成されアルバム Reboot&Collabo に収録されているのはみなさんご存知かと思います。

で、このアルバムバージョンの nanairo。なんかギターの後ろにストリングっぽい音が聴こえてますよね。なんだろうと気になっていましたが、どうもこれ「ハーモナイザー」というエフェクターを使っているとか。
Logic には標準でこれに相当するプラグインは入っていないので、プラグインを組み合わせて何か同じようなことができないかなーと試してみました。

曲はアルバムバージョンではありませんが(笑)、ちょっとこちらを聴いてみてください。



どうでしょう?
なんとなーく雰囲気だけは出てませんか?(笑)
音源はラインオンリーでミックスはこんな感じの設定になっています。

nanairo_mix.png

ピッチシフターの設定
pitch_shifter.png

ま、要は原音にピッチシフターをかませて5度上の音にして、リバーブの残響音だけを響かせているということです。

でもこれ、まだちょっと違うんですよね。
なんか押尾さんのはハーモナイズする音とそうでない音が決まっているみたい。ハーモナイザーっていうのはそんな風に使えるもんなんですかね?
これに近づけるには、ハモらせたくない音の周波数帯だけをばっさりカットしてからピッチシフターにかけるとか、そんなことが必要かもしれません。

あ、その前にまずアルバムバージョンの nanairo を耳コピしなきゃ(^_^;


posted by みっつん at 16:25| Comment(0) | 録音関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。